【清滝特別】(京都)~アペリティフがまとめて差し切る [News]
2008/10/11(土) 16:16


京都10Rの清滝特別(3歳以上1000万下・芝1800m)は、4番人気アペリティフ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒0。ハナ差の2着に8番人気ハンターキリシマが、ハナ差の3着に5番人気ローズプレステージがそれぞれ入線。

アペリティフは栗東・坪憲章厩舎の5歳セン馬で、父エルコンドルパサー、母アイシーサイレンス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は17戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 アペリティフ 岩田康誠騎手
「今日は折り合いだけを重視して乗りました。その甲斐あって、かかることもありませんでした。抜け出すのがちょっと早かったけど、勝っていてくれてよかったです」

2着 ハンターキリシマ 野元昭嘉騎手
「中団からと思っていましたが、出脚がよくなかったのでいつも通り後方からのレースになりました。併せ馬になったこともよかったし、よく伸びています。勝ったと思ったんですけど、残念です」

3着 ローズプレステージ 藤岡佑介騎手
「下り坂でスピードをつけて、いい伸びでした。上村騎手からアドバイスをもらって、その通りになったので勝ちたかったんですけどね」

4着 マストビートゥルー 小牧太騎手
「最後は決めての差でしょうね」