根崎章弘アナ「東京を見つめ直せる日」 [実況アナ!]
2008/10/08(水) 20:00


 10月1日「都民の日」をみなさん、ご存知でしょうか。これは東京都が制定した記念日で、学校が休みになったり、東京都が運営する施設に無料で入れるようになる日。そんな美味しい休みがあることを知り、驚きました。私の出身地、愛知県には県民の日はありません。
 
 私はその日、平日でしたが珍しく仕事がお休み。それで、買い物をするため吉祥寺へ出かけました。吉祥寺の駅に着くと何故か休日と同じくらい大勢の人が。駅前の商店街も賑わっていて、この日が平日かどうかわからなくなるくらいでした。

 井の頭公園を散歩していたら、井の頭自然文化園に「都民の日無料」という看板が大きく掲げられていて、このとき初めて「都民の日」であることを知りました。入場無料となっていたせいか園内は多くの人で賑わっています。
 後で東京都のホームページを調べてわかったのですが、「都民の日」には井の頭自然文化園だけでなく、浜離宮恩賜庭園(入場料300円)や葛西臨海水族園(入場料700円)など都の22の施設が無料で入場できるんです。それが無料で入場できるんだからこれってお得ですよね。

 近くに住んでいて普段なかなか行かないような場所も無料であれば行ってみようという気になります。「都民の日」は自分の住んでいる街「東京」を見つめ直すいい機会ではないでしょうか。普段、有料の施設を無料で開放することで都民の人たちは自然と都の施設に足が向きますしね。私は知らず知らずではありましたが、都民の日を利用して無料で井の頭自然文化園を見学することができました。サルやゾウなどの動物や熱帯にしか生息しない野鳥を間近で見学することができ、入場料400円の得。私自身も東京という街への理解が深まりました。