舩山陽司アナ「露鵬、白露山の解雇処分に異議あり」 [実況アナ!]
2008/09/18(木) 11:00


 反論が大半を占める事を承知で敢えて言いたい。


 大麻の使用が認められている国があるとか、煙草よりも害が少ないと捉えている人達がいるとか、そんな大麻そのもの問題はどうでも良い。日本の法律に触れているかどうかを基準に考えている。

 若ノ鵬の解雇処分は仕方ない。何故なら大麻取締法に違反しているからだ。未成年とは言え、所持していた罪は重い。釈放後の記者会見は見ていて辛かったが、それで許される様な事ではない。

 では、露鵬と白露山はどうだろうか。検査で陽性と出ただけだ。日本の法律には触れていない。それで解雇はないだろう。

 日本アンチ・ドーピング機構の大西祥平専門委員は陽性と出たことについて「自分で吸ったと判断した」と語っていたが、よくもまあそんな、いい加減な事が言えたものだ。大麻の成分を食事等に混入された可能性をどうやって否定するのか。検査で出てきた数値による「憶測」だけで、他人の人生を左右してしまう発言が出来るほど、大西祥平と言う人物は偉いのか。
 検査の結果は結果として受け止めて、どう言った状況で大麻の成分が2力士の体内に入り込んだのか、しっかりと調査する必要があるのではないか。仮に自分で吸ったとして、いつ、どこで、どんな状況で吸ったか確認する必要があるだろう。それこそが再発防止に繋がる。

 よく調査もしないまま、2力士を解雇してしまった日本相撲協会の判断は、興行的には正解だったとしても、やはり拙速だったとの謗りは免れない。自らの意思で大麻を吸ったと断定出来てから解雇しても遅くはないのではないだろうか。


 今後、どんな展開になるかはわからないが、これ以上、相撲人気が下がるのだけは勘弁だ。