佐藤泉アナ「機上からの絶景」 [実況アナ!]
2008/09/10(水) 19:26


 年に何度か飛行機に乗る。北海道函館、札幌への出張。そして九州小倉への出張の時だ。飛行機に乗る時は余裕があれば前方の窓際の席を予約する。機上から見る風景が楽しみなのだ。

 北海道へ向かう飛行機で進行方向の右側の席からは船橋競馬場、中山競馬場、筑波山、ツインリンクもてぎ、福島市(競馬場)、仙台市、盛岡競馬場などを見ることができる。高度1万メートルから見て形が分かる構造物。競馬場って大きいよね。
 左側の席からは東京ディズニーランド、猪苗代湖、田沢湖、十和田湖、八郎潟、佐渡ヶ島などの風景が望める。
 函館に降りる際は、右に座れば競馬場の走路を、左に座れば五稜郭を、遊覧飛行のように見ることになる。
 北海道からの帰りは右側から千葉市、幕張新都心、東京ディズニーランド、葛西とお台場の観覧車、レインボーブリッジを見ながらの着陸となることが多い。明るいうちに帰って来る飛行機なら、その逆の左側に座っても美浦トレセンの姿を見ることができるかもしれない。
 もちろん、離着陸の際は風向きによってコースが変わるので毎回同じ風景になるわけではないのだが、上記の風景はかなりの確率で眼下に姿を現す。

 九州に向かう飛行機で左側に座ると、横浜みなとみらい地区を眼下に見て、しばらくすると富士山がその優美な姿を現す。これが機上から見る一番の絶景だ。羽田から九州行きの飛行機に乗る際は必ず左側(南側)の席を予約して行こう。

(佐藤泉)