藤田直樹アナ「オリンピックの野球放送を見ていて」 [実況アナ!]
2008/08/29(金) 14:15


 オリンピックの野球放送を見ていて感心するのは、国際ルールでストライクよりもボールの数を先に画面に出すのを見て、アナウンサーがスムーズに「ツーボール、ワンストライク」と日本で普段言うのと逆に言っている事です。
 普段は、ストライクを先に言う事が体に染み付いてますから、大変でしょう。多分、試合前に何回も口に出して、それが無意識に口から出るように練習しなくては出来ません。私でしたら大きく「ボールが先」と書いた紙を貼っておくでしょう。

 競艇の実況を担当していた頃、「先頭○号艇○馬身のリード」と言わないようにどれだけ苦労したか分かりません。朝から、○艇身、○艇身と口で覚えたものです。
 そして転覆の時も要注意でした。思わず「落馬」と言わないように前に大きく「艇身・転覆」と書いて貼っていたのを思い出します。

 オリンピックで野球を担当したアナウンサー、日本に戻って、またいつもの様にストライクを先に言うのが大変でしょうね。その苦労が良く分かります。