【メイクデビュー】(新潟6R)~マイネルウェイヴが差し切り勝ち [News]
2008/08/10(日) 14:35


新潟6Rのメイクデビュー(2歳新馬・芝1600m)は5番人気マイネルウェイヴ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒4。アタマ差の2着に6番人気ブラストエルサが、1/2馬身差の3着に7番人気ストロングレダがそれぞれ入線。

マイネルウェイヴは美浦・稲葉隆一厩舎の2歳牡馬で、父マイネルラヴ、母エンドレスサマー(母の父ブライアンズタイム)。

レース後のコメント

1着 マイネルウェイヴ 松岡正海騎手
「調教で乗った時には、時計はそれなりに出たんですが、ひ弱い感じでまだかなぁと思っていたんです。レースでは引っ掛かる癖はつけたくないので、リズムよく行くことを心がけました。直線に向いて届いてくれたら、と思っていましたがよく伸びてくれましたね。今後もっと力をつけていけば、さらに良い脚を使うと思いますよ。僕自身としては今新潟のリーディングのトップなので、次の開催も頑張ってぶっちぎりでリーディングを取りたいですね」

稲葉隆一調教師
「1分36秒4の時計だからまあまあかな。まだフラフラして走っているし、体ももっと大きくなってくればいいだろう。一応、次は新潟2歳Sを予定して調整しますよ」


2着 ブラストエルサ 福永祐一騎手
「癖もなく上手に走っていましたよ。最後までよく伸びて初戦としてはいい内容でした。距離は延びてもいいでしょうね」