【メイクデビュー】(新潟6R)~フェイクスターがゴール寸前で差し切る [News]
2008/08/09(土) 15:40


新潟6Rのメイクデビュー新潟(ダート1200m)は3番人気フェイクスター(江田照男騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒5。2着に1番人気エーブダッチマンが、3着に2番人気イルドロールがそれぞれ入線。

フェイクスターは美浦・菊川正達厩舎の2歳牡馬で、父ジェニュイン、母グレースポーラ(母の父アフリート)。

レース後のコメント

1着 フェイクスター 江田照男騎手
「スタートは速くなかったけど、二の脚が速かったですね。直線は手前を替えてからもうひと伸びしてくれました。素直な馬で乗りやすいですよ。血統的に長いところもいいと思いますし、芝も大丈夫でしょう」

2着 エーブダッチマン 内田博幸騎手
「勝つと思ったけど、ちょっと走りに力みがありましたね。でもこれぐらいなら調子も良かったし押し切れると思いましたが、残念でした」