【UHB杯】(函館)~マヤノツルギ 勢い止まらず5連勝 [News]
2008/08/03(日) 16:38


函館9RのUHB杯(3歳上オープン・ハンデ・芝1200m)は2番人気マヤノツルギ(長谷川浩大騎手)が道中2番手追走から直線早々に抜け出し、逃げた4番人気スーパーマルトクに2馬身差をつけて勝利を飾った。勝ちタイムは1分10秒8(不良)。さらに3/4馬身差で3着に1番人気キングストレイルが入った。

マヤノツルギは栗東・梅内忍厩舎の4歳牡馬で、父ジョリーズヘイロー、母ターフティファニー(母の父サクラユタカオー)。通算8戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 マヤノツルギ(長谷川騎手)
「福島で乗った時より馬がしっかりしてきたし、気性もよくなってたね。馬場が悪い分、ズブくなってはいたけど、馬場を走らせてみて、この感触で53キロはおいしいハンデだと思えて自信を持って乗りました。馬任せにレースをさせて完勝ですね」

2着 スーパーマルトク(荻野騎手)
「勝ち馬と枠が逆なら勝てたと思うんですけどね。ずっと外からプレッシャーを掛けられる形でしたから。ここに来て力をつけてるし、ハンデが軽かったのも利いていると思いますが、惜しいレースでした」

3着 キングストレイル(ホワイト騎手)
「4コーナーの手応えで前を捕まえられそうだったが、今ひとつ切れる脚がなかった。状態は問題なかったが…」

4着 トールハンマー(菊沢騎手)
「3コーナーから狭いところに入って窮屈になってしまった。でも8歳でよく頑張ってますよ」