【メイクデビュー新潟】(新潟5R)~タニノベローナ先団から抜け出し快勝 [News]
2008/07/27(日) 15:31


新潟5Rのメイクデビュー新潟(牝馬限定・芝1400m)は、道中先団を進んだ1番人気タニノベローナ(岩田康誠騎手)がゴール前で抜け出し優勝した。勝ちタイム1分22秒7。2着には3番人気マルラニビスティー、3着には10番人気グローリールピナスが入線している。

タニノベローナは栗東・矢作芳人厩舎の2歳牝馬で、父グラスワンダー、母タニノミリオネーヤ(母の父サンデーサイレンス)。近親にJRAで3勝をマークしたタニノデスティニーがいる。


【レース後のコメント】

1着 11番タニノベローナ(岩田康誠騎手)
「最初の2ハロンでガーッと行って、どうなるかと思ったけど、途中からハミを抜いてうまく走ってくれた。反応のいい馬だし、もう少しテンからフワッと行ければ距離も持つでしょう」

2着 15番マルラニビスティー(福永祐一騎手)
「スタートは良かったものの、二の脚で置かれてしまった。自信はあったんだけど……。初戦としてはまずまずだと思う」

8着 3番ピカルディー(後藤浩輝騎手)
「左回りにしっかり対応できなかった。コーナーリングで気持ちが萎えてしまったね。難しい面が出た。使っていってどう変わってくるか」