【ラベンダー賞】(函館)~ナムラミーティアがまとめて差し切る [News]
2008/07/26(土) 16:56


函館11Rのラベンダー賞(2歳オープン・芝1200m)は、4番人気ナムラミーティア(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒0。3馬身半差の2着に2番人気ベルシャルルが、ハナ差の3着に7番人気イグゼキュティヴがそれぞれ入線。

ナムラミーティアは美浦・田村康仁厩舎の2歳牝馬で、父サクラバクシンオー、母ハナコスマイル(母の父ダンスオブライフ)。通算成績は3戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ナムラミーティア 四位洋文騎手
「前走控えて結果を出したので、今日もみんな行くだろうからなるべく抑えて最後どれぐらい脚を使えるか試す意味もあって、こういうレースをしました。思った以上に走ってくれましたね。ただ緒戦でコパノマユチャンに並ぶ間もなく交わされたので、もしもあの馬が不利なく走っていたらどうだったかな? その点では少し残念ですね」

田村康仁調教師
「人気はなかったけどこちらとしては勝てるという感触はあったんですよ。みんな前に行くだろうから、抑えて道中溜めるレースをしようということを四位騎手とも話していたんです。センスのいい馬で、内容の良い勝ち方をしてくれて、次の2歳Sが楽しみですね」

3着 イグゼキュティヴ 斉藤正弘騎手
「いやぁ、最後はいい脚を使ってくれました。もう少しだったので残念。ある程度前へ行く作戦だったのに枠が最内だったから行けなくてね。でも、馬は2歳馬とは思えないぐらい落ち着いていて芝も全く問題なかったよ」

4着 サダムテンジン 藤田伸二騎手
「ベルシャルルが好スタートでケイアイジンジンも行ったので3番手でいいと思って、行ったんだよ。最後まで喰らいついていたし、悪くないレースだったよ」

5着 ケイアイジンジン 池添謙一騎手
「返し馬をしたときは芝は大丈夫だと思ったんだけどね。でもレースでは一度も手前を替えなかったんだ。まぁ、一度芝で走れば次はいいでしょう」