根崎章弘アナ「私を変えたアドバイス」 [実況アナ!]
2008/07/23(水) 18:49


 はじめまして。今年四月にラジオNIKKEIに入社した新人アナウンサーの根崎章弘(ねざき あきひろ)です。
 入社して三ヶ月。今は会社で発声練習や競馬の勉強をしています。一日早く皆さんに声をお届けできるように頑張っています。

 私は高校生のときからアナウンサーという職業に憧れていました。その夢が叶い、ラジオNIKKEIでアナウンサーとして働いています。

 アナウンサーの採用試験は他の職種より早い時期から行われています。私も大学三年生の夏ごろから就職活動を始めました。東は岩手、西は広島の放送局まで幅広く受験しました。しかし、何社受けても内定にはたどり着けず大学四年生の夏を迎えてしまいました。
 アナウンサー以外の職種の内定は頂いていました。しかし、どうしてもアナウンサーという夢が諦められませんでした。そんな昨年の夏、アナウンサー募集をしていた会社が「ラジオNIKKEI」でした。

 私は社会人になるまで愛知県に住んでいました。大阪のほうが近かったため、ラジオNIKKEIの一次試験は大阪の支社で受験しました。必死になって汗だくで一次試験の受け答えをしたことは今でも鮮明に覚えています。そしてちょうど試験をしていたスタジオから出たところで、試験官をしてくださった方が私のことを呼び止めてくれました。そして試験で悪かった点についてアドバイスを下さいました。
 ほとんどの会社は試験が終わったらそのまま、何事もなくおしまいです。試験の後にアドバイスをして頂いた会社は初めてでした。
 私はそのアドバイスの言葉に勇気付けられ、その後の試験も無事突破し、ラジオNIKKEIにアナウンサーとして入社することができました。あの時のアドバイスがなければ、今の私はなかったと思います。

 まだまだ勉強中ではありますが、アナウンサーになりたくて必死になっていた頃の気持ちを忘れずに今後も頑張っていきたいと思います。

 (根崎章弘)