【宝塚記念】美浦レポート~ロックドゥカンブ [News]
2008/06/25(水) 16:25


 29日(日)に阪神競馬場で行われる宝塚記念に出走するロックドゥカンブについて菅沼調教助手のコメントは以下の通り。

「前走(目黒記念)は、久々ということもあって、気持ち太目で息も出来ていなかったかもしれませんね。終いの脚ももう一つでしたし、苦しくなってササるところがありました。

 その後、中3週ですが、疲れもなく順調に来ました。馬自体、素軽くなって使った上積みはありますよ。今朝はWコースでの併せ馬で、僕が前の馬に乗って、柴山騎手がロックドゥカンブに乗りました。息使いも悪くないし、動きは良かった、と柴山騎手も言っていました。ただ、このところ、少しズブくなってきたようで、これまでは3コーナーから自分でグンと行ったものでした。ですから、今回はあまり後ろからではなく、中団より前でレースをして欲しいですね。

 道中掛かることはないし、2200mでも勝っていますし、阪神は新馬戦で走っていますからね。実力はあるので、レースの展開が向いて騎手が上手く乗ってくれればと思います。オーナーは、結果次第で海外への挑戦も考えているようですよ。」

(取材:小林雅巳)