【メイクデビュー】(阪神4R)~ツルマルジャパンが好スタートから逃げ切りV [News]
2008/06/21(土) 15:18


阪神4Rのメイクデビュー阪神(2歳新馬・芝1600m)は、2番人気ツルマルジャパン(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒4。半馬身差の2着に1番人気セイウンワンダーが、9馬身差の3着に6番人気リディックがそれぞれ入線。

ツルマルジャパンは栗東・坂口正則厩舎の2歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母メモリーズオブロニー(母の父Storm Cat)。

レース後のコメント
1着 ツルマルジャパン 武豊騎手
「スタートが良すぎましたね。しっかり乗り込んでいましたから、息遣いも違いました。乗り味もいいし、フットワークも大きい馬。無理に抑えたりせずに行かせました。このタイム(1分35秒4)は立派ですよ」

坂口正則調教師
「勝てて良かったです。距離はあまり長くなって良さそうではないし、これぐらいがいいでしょう。この後は一息入れたいと思います」

2着 セイウンワンダー 岩田康誠騎手
「乗りやすく素直で前向きな馬。次につながる競馬ができたと思います」