【安田記念】(外国馬情報)~3頭とも東京競馬場で順調に調整 [News]
2008/06/04(水) 12:52


 4日(日)に東京競馬場で行われる第58回安田記念(GI・芝1600m)に出走予定の香港勢3頭の調教状況、および関係者のコメントは以下の通り。

●アルマダ(セン7歳)
<調教状況>
リク ユウ リン攻馬手が騎乗して朝7時02分にダートコース入り。ダク1/2周から
キャンター1周、そのあと常足で7時15分に退場している。

<ジョン・サイズ調教師の談話>
調子はよく、輸送の疲れは見受けられません。
食欲もいつもどおりです。エネルギーがみなぎっているので安心しました。
アルマダはかたい馬場を好むので、今の状態では少しやわらかすぎますね。
明日スクーリングを行い、明後日(6日:金曜日)に追い切る予定です。

●グッドババ(セン6歳)
<調教状況>
シン ユウ ホイ攻馬手が騎乗して、7時02分に芝コース入り。ダク1/2周からキャンター1周、
その後常足で7時23分に退場している。

<アンドレアス・シュルツ調教師の談話>
東京競馬場は初めてではないので、厩舎周り、地下馬道、コース等慣れており、落ち着いています。
今朝の馬の感じには満足しています。
昨年もですが、東京競馬場の芝コースは、内ラチ沿いは少し荒れていますが、中央、外は絨毯の様な
素晴らしい状態です。
グッドババは昨年と比較して、体重も約20キロ増えており、しっかりした体に成長しました。
馬体はこれまでにない程良いです。
今後は、余程のことがない限り、金曜日に芝コースで追い切ります。

●ブリッシュラック(セン9歳)
<調教状況>
ワイ キット モウ攻馬手が騎乗して7時01分にダートコース入り。ダク1/2周と
軽いキャンターを1周半こなして7時15分に退場した。

<ワイ キット モウ攻馬手の談話>
ダートで運動をしていて、内ラチ沿いは、まだ(雨で)深いけれども、外目を走る分には
状態は良かったです。
馬も非常にリラックスしていて、仕上がりにも満足しています。
明日は、ゲート(芝1600mスタート地点に設置予定)を使用して、2~3ハロンで
スタートダッシュをする予定です。
クルーズ調教師も明日の調教から来る予定です。

※調教後の馬体重は、アルマダが508キロ、グッドババが492キロだった。
 なお、ブリッシュラックは馬体重測定をしていない。

(JRA発表による)