5月20日(火)「ダービーWeek・3レースの出走予定馬発表」他 [全国競馬情報]
2008/05/20(火) 23:47


●●ダービーWeek・4レースの出走予定馬発表●●

6月1日(日)から6日間連続で地方競馬のダービーを実施する「ダービーWeek」のうち、3つのレースへの出走予定馬が今日発表された。なお、残る3レース(岩手ダービーダイヤモンドカップ、兵庫ダービー、東海ダービー)への出走予定馬はまだ発表されていない。

★トップを切って行われる九州ダービー栄城賞(6月1日、佐賀・2000m)は、荒尾ダービーを制したミトノコウモンダ、ル・プランタン賞1着のオペラウィン、九州ジュニアチャンピオン2着のアイティーバトルの3頭が優先出走権を持っている。賞金上位馬では、「フサイチ」の関口房朗氏がオーナーで話題を集めるフサイチサガントス、昨年の九州ジュニアチャンピオンを勝ったキングサンディなどが登録している。

★北海道の北海優駿(6月2日、旭川・1600m)は、フローラルカップ2着・北斗杯3着などの実績を持つディアダンサーが優先出走権を持つ。賞金上位馬では昨年夏のイノセントカップでエックスダンス、ディラクエに続く3着で今年2戦2勝と好調なボク、浦和・川崎の特別戦で2着2回の実績があるビービーダークライなどが登録した。

★東京ダービー(6月3日、大井・SI・2000m)へは、羽田盃に続く2冠を目指すニックバニヤン、2着で北海道2歳優駿・京浜盃を制しているディラクエ、3着のロイヤルマコトクン、4着コラボスフィーダ、5着ディアヤマト(兵庫ジュニアグランプリ1着、京浜盃2着)が優先出走権を獲得している。賞金上位組では羽田盃6着からの巻き返しを狙うニューイヤーカップ(S3)を勝ったゲンキチホマレ、ギャンブルオンミー(東京湾カップ1着)、モエレラッキー(クラウンカップ1着)などが出走を予定している。

(地方競馬全国協会ホームページ内・ダービーWeek特設サイトなどによる)


●●角田輝也調教師、早くも今年100勝●●

 名古屋競馬(愛知)の角田輝也調教師は20日(火)に行われた第1レース(3歳7組、ダート1400)を管理馬サザンヒルズで勝ち、今年の勝ち星を100の大台に乗せた。

 角田調教師は1999年に開業。2005年に157勝で初の全国リーディング(勝ち星トップ)に輝き、以来昨年まで3年連続でリーディングのタイトルを保持している。
 今年も2位以下に30以上の差を付けてリーディングを独走中。今年は2006年以来2年ぶりの200勝超えの勢いで勝ち続けている。
 これまでの勝ち星の内訳は名古屋(愛知)で95勝、笠松で5勝。


●●交流競走の結果●●

★川崎競馬場で行われた南関東3歳未格付未選定馬、JRA3歳未勝利の交流競走=メイフラワー賞(1500m・11頭)は、7番人気のケイアイサンダー(石橋脩騎乗)が3番手から抜け出して通算6戦目で初勝利を挙げた。父シンボリクリスエス、母フォトグラフィー(その父フォーティナイナー)という血統のセン馬。