【3歳500万下】(京都7R)~九州産のハンターキリシマが制す [News]
2008/05/10(土) 14:46


京都7Rの3歳500万下(芝1600m)は、4番人気ハンターキリシマ(野元昭嘉騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒9。半馬身差の2着に1番人気メイショウジェイが、1馬身半差の3着に6番人気アイルイザダイヤがそれぞれ入線。

ハンターキリシマは栗東・野元昭厩舎の3歳牡馬で、父サイレントハンター、母トニービンスター(母の父トニービン)。通算成績は11戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ハンターキリシマ 野元昭嘉騎手
「外枠でスムースにレースを運べました。この馬場だし、前々で速めに動いて行きました。ここ2走は脚を余して負けていましたからね」

2着 メイショウジェイ 飯田祐史騎手
「体も戻してチューリップ賞より落ち着いていました。4コーナーまでは外に出さずにという事だったのですが、外から捲られて、動くに動けないレースになってしまいました。でも、今日は勝たなければいけないメンバーですからね」

3着 アイルイザダイヤ 川原正一騎手
「4コーナーまでは手応えがよかったのですが、1ハロン長いかも知れませんね。マイナス17キロというのも伸びを欠いた原因かも知れません」

5着 マイサイドキック 和田竜二騎手
「外から来られたときに一緒に動けませんでした」

6着 バーキングウルフ 佐藤哲三騎手
「3コーナーあたりでカーッとなったので、そのまま行かせました。ダートの短いところが良さそうな気もしますが…」