【スイートピーS】(東京)~直線一気でアロマキャンドルが制す [News]
2008/05/04(日) 17:24


東京11Rのスイートピーステークス(3歳牝馬オープン・芝1800m)は5番人気アロマキャンドル(池添謙一騎手)が優勝。道中最後方から直線大外一気の末脚で全馬をまとめて差し切った。勝ちタイムは1分48秒3(良)。1馬身1/2差2着に6番人気スペルバインドが入り、勝ち馬とともにオークスの優先出走権を手にした。3着に3番人気アルダントヌイ。1番人気メイショウマリアは7着。

アロマキャンドルは美浦・河野通文厩舎の3歳牝馬で、父フレンチデピュティ、母エアインセンス(母の父サンデーサイレンス)。通算7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アロマキャンドル(池添騎手)
「ためて行ってほしいという指示でしたが、スタートがよくなくて、もう腹をくくって後ろから。いつでも外へ出せるような位置で折り合いもついていました。直線、抜け出すのが早いかと思いましたが、いい脚でしたね。切れますね。引っ掛かるところもないので、距離が延びても大丈夫でしょう」

2着 スペルバインド(勝浦騎手)
「折り合いもついて、馬任せで行きましたが、直線入口で外へ出すまで手間取ってしまいました。その分、勝ち馬には一気に行かれてしまいましたね。追われてからはいい脚を使ってくれました。走りますね」

3着 アルダントヌイ(北村宏騎手)
「前半少し行きたがっていましたね。その分、坂上で甘くなりました。いいセンスがあり、初芝にも対応してくれました」

4着 ハイカックウ(後藤騎手)
「ずっと外を回らされましたからね。道中は力まずスムース。もうひと脚くらい使うのかと思いましたが、追ってからシュッと出て行きませんでした」