【端午S】(京都)~サクセスブロッケンが無傷の4連勝 [News]
2008/05/03(土) 15:54


京都10Rの端午ステークス(3歳オープン・ダート1800m)は1番人気サクセスブロッケン(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒2。5馬身差の2着に2番人気ユビキタスが、クビ差の3着に4番人気ナムラハンターがそれぞれ入線。

サクセスブロッケンは栗東・藤原英昭厩舎の3歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母サクセスビューティ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は4戦4勝となった。

レース後のコメント

1着 サクセスブロッケン 横山典弘騎手
「一頭になると物見をするので、何か行ってくれないかなと思っていたら内から行く馬がいてくれていい内容の競馬ができました。上手に折り合いもつくし、僕から特に言うことはありません。この馬の強さは皆さんによくわかっていただけたと思います。このまま順調に成長してくれればと思います」

藤原英昭調教師
「スタートには気をつけてもらったけど、横山騎手が馬のことをよく分かってくれている。お母さんはスピード血統だったから思った通りの競馬。レースのイメージはつきやすいですね。この後のことは馬の脚元をみて、オーナーと相談して決めたいと思っています。馬本位で大事にやっていきます」

2着 ユビキタス 安藤勝己騎手
「今日は相手が悪かったですね」

5着 クリールパッション 藤岡佑介騎手
「そんなに切れる脚も無いので、早めに動きたかったんですけどね。勝ち馬の強さは別格でしたが、2着以下は展開一つで着順も変わりそうでしたから、チャンスはあるでしょう」