【フローラS】美浦レポート~ユキチャン [News]
2008/04/23(水) 18:59


 27日(日)に東京競馬場で行われるフローラステークスに出走を予定しているユキチャンについて後藤調教師のコメントは以下の通り。

「前走のミモザ賞は、実は私は中京で観ていたのですが、勝ったところを観て中京にいたファンも盛り上がっていましたね。幸いにも周りに人がいなかったので、私も喜んでしまいました(笑)。こちらが思っている以上に走るようになりましたね。これで(クラシック)路線に乗ったといっていいでしょう。ファンに喜んでもらえて、結果を出したことで注目されているので気分がいいですね。
 
 前走から中3週ですが、とても順調にきています。未勝利を勝った後、ずいぶん馬がよくなってきましたね。本当は未勝利勝ち後、ダートの牝馬限定500万を予定していたのですが、疲れが出たので休ませました。もし、使えていたらそのままダート路線だったかもしれません。ただ、オーナーとも相談して、3歳のこの時期は夢を追いかけなければいけないだろう、ということでミモザ賞を使ったわけです。

 今朝の追い切りは、ポリトラックの併せ馬で、折り合いの練習という意味で、馬の後ろで折り合いをつけることに終始しました。時計は遅かったんですが、それは日曜までに修正できる範囲です。切れ味というよりも促しながら伸びるタイプで、レースは吉田隼人騎手に任せます。2、3着とはいわず、勝ってオークスを迎えられるよう頑張って欲しいですね。お母さんのお父さんはサンデーサイレンスと、血統からも走っておかしくないバックボーンもあるので、大いに期待しています。」

(取材:小林雅巳)