キャプテントゥーレ骨折、ダービー絶望 年内休養へ [News]
2008/04/22(火) 11:15


20日(日)中山競馬場で行われた皐月賞(JpnI)を逃げ切って優勝したキャプテントゥーレ(牡3 栗東・森秀行)が、左前脚を骨折していたことが分かった。

診断の結果、病名は「左第3手根骨々折」、全治は9ヶ月の見込み。

●森秀行調教師のコメント
 がんばって勝ってくれたのに、こんなことになって残念です。今後山元トレセンで休養させて、来年明けのAJC杯あたりで復帰できればと思っています。


(JRA発表)


 キャプテントゥーレは父アグネスタキオン、母エアトゥーレ(母の父トニービン)。皐月賞では果敢に逃げて後続を完封し、見事に優勝した。しかし今回の骨折により、2冠目のダービーへの出走は絶望的となった。