【桜花賞】美浦レポート~ソーマジック [News]
2008/04/09(水) 18:03


 桜花賞に出走するソーマジックについて、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。


●ソーマジックについて田村調教師

「先週の時点で体は出来ていたので、今日は坂路を単走で上がり、整える程度の調教でした。予定通りに来ているし、順調そのものです。
 初めての関西への輸送になりますが、車のあまりいない早朝の移動ですし、精神的にお姉さんになってきているので、耐えられると思っています。

 相手も強いし、思い通りのレースにはならないでしょうが、ここまでのレースからどんな形でも対応できそうですし、力を発揮してくれるでしょう。

 非常に良い状態で仕上げられました。応援してください」


●ソーマジックについて後藤騎手

「アネモネSは、馬場があまり良くなくて戸惑いながら走っていましたし、早めに反応させました。戸惑っていたのに、あれだけの脚を使って驚きました。ここまで桜花賞を意識した乗り方をしてきた訳ではなく、勝つための乗り方をしてきたのですが、それに馬が対応してくれました。精神力のある馬です。
 どの距離、条件が良いのかまだ分からないところがありますが、それだけ底を見せていないし、可能性があると言うことです。それにまだ馬体重ほどの力強さが無くてひ弱な感じがします。本当に良くなったら、どこまで良くなるのか本当に期待しています。

 桜花賞は独特の雰囲気ですから、その空気に人間が惑わなければ、馬も力を出してくれるでしょう。連勝を更に伸ばせる様に頑張ります」