今回は 平成10年4月12日 []
2007/04/03(火) 14:54


 阪神競馬場の桜はちょうど満開か? いよいよ桜花賞!!

平成10年(1998年)4月12日 阪神競馬場 天候・曇 芝・良
第58回桜花賞(GI)芝1600メートル 出走馬18頭

1番人気 ダンツシリウス   牝3 55 四位洋文
2番人気 エイダイクイン   牝3 55 菊沢隆徳
3番人気 ファレノプシス   牝3 55 武豊
4番人気 ロンドンブリッジ  牝3 55 松永幹夫
5番人気 マックスキャンドゥ 牝3 55 蛯名正義


 先週私は阪神競馬場で仕事をしていました。そこで二つの「ビックリ!」に出会いました。

 まずは土曜日に阪神競馬場に行って放送席から見てビックリ!コースの周りの桜が全くと言っていいほど咲いていなかったのです。東京ではほとんど満開に近いぐらいに咲いていましたので、阪神の芝コースの周りの桜を双眼鏡で見てもピンク色の花びらが見当たらなかったことには驚きましたね。

 確かに金曜日に大阪に着いた時は東京より寒い気がしましたが、暖冬と言われていましたし、桜前線は西から来るもんだと単純に考えていたのであそこまで咲いていないとはホント意外でした。

 阪神競馬場の正門へ向かう道に沿って植えられている桜は多少咲いてはいましたが、これでうまい具合に今度の日曜日には満開となってくれるのでしょうか?まぁ、そうなったら競馬の神様が、うまく桜花賞当日に合わせてくれたんだと思うことにします。(中山競馬場は先週でもう満開でしたから、皐月賞当日は残念ながらもう散っているんじゃないでしょうかね)

 そしてもう一つは、「白い馬」です。皆さんご存知のように日曜の阪神の第1レースで白毛のホワイトベッセルが勝ちました。私は取材で検量室に行って引き上げてきた馬を見ましたが、いやぁ、ホント白いですよ。あの白さはオドロキです。これまでに放送席から白毛の馬が走る姿は見たことがありましたが、目の前で見たのは初めてだったのです。ちょっと神秘的なまでのきれいな姿でしたね。大昔の人がこのような白毛の馬を見たら「神の使い」と思ってしまうんじゃないかという気がしました。

 まだ未勝利を勝ったばかりですが、なんとかメインレースの重賞に出るぐらいになって欲しいですね。ダービーが無理なら、ラジオNIKKEI賞なんかに出てくれるといいですねぇ。福島競馬場の入場人員が確実に大幅アップすることでしょう。

 さぁ、いよいよ桜花賞。今年は近年にないハイレベルと言われていますが、その中でもチューリップ賞を制したあの馬は、「歴史的な牝馬となる!」という話まであるんだそうです。う〜ん、8日(日)の午後3時40分をワクワクしながら待ちたいと思います。

平成10年4月12日
着順馬名馬齢斤量タイム(着差)騎手
ファレノプシス牝3551分34秒0武豊
ロンドンブリッジ牝35511/4松永幹夫
エアデジャヴー牝355アタマ横山典弘