今回は 昭和62年3月29日 []
2007/03/12(月) 16:57


 今週もトライアル、中山でスプリングステークス!

昭和62年(1987年)3月29日 中山競馬場 天候・小雨  芝・良
第36回スプリングステークス(GII)芝1800メートル 出走馬12頭

1番人気 マティリアル  牡3 56 岡部幸雄
2番人気 メリーナイス  牡3 56 根本康広
3番人気 バナレット   牡3 56 増沢末夫
4番人気 トチノルーラー 牡3 56 蛯沢誠冶
5番人気 ゴールドシチー 牡3 56 本田優


 もう3月も中旬。いよいよ春です。と同時に嫌〜な花粉症の季節です。先週美浦トレセンに行ったら目が痒かったですね。競馬場でも放送席でいったんクシャミがでると10連発ですよ。ハックッションの繰り返しで、もしレース実況の担当になっていてファンファーレが鳴っている時にクシャミが出たら‥‥ああ、怖い。

 さて、暖かくなってきたというのに私の懐具合は寒いまんまです。もう氷河期ですね。3連単というモノはどうしてあんなにあたらないんでしょう?私が1番人気の馬を1着にした3連単馬券を買うと、ことごとくその人気馬は負けるんですよ。先週の阪神スプリングジャンプでは、何故コウエイトライは最後になってスリーオペレーターに交わされたのでしょう?あの後一発逆転を狙って阪神の最終レースを買ったら、人気のない3頭で決まるとは‥‥。あんな馬券、あてる人がいるんですね。(3連単は282万馬券でしたが、意外とつかなかったと思いません?)

 で、フィリーズレビューではさすがにアストンマーチャンを1着にした3連単にしたんですが、断然の1番人気が勝つと往々にしてその後は人気薄が来るもの、と信じて10番人気あたりの馬を相手にして狙ったら本当に10番人気のアマノチェリーランが2着になりました。でも、そう。アマノチェリーランは切っちゃっていたんですよね〜。8番人気や9番人気、12番人気の馬まで相手に選んだのに‥‥。

 愚痴ばかり言ってスミマセン。今回は20年前のスプリングステークスをお送りします。あの馬のゴール前での追い込み、衝撃的でしたね。目の覚めるような末脚でした。ああ、私も目の覚めるような大万馬券をゲットしてみたいなぁ。でも、今は「春眠暁をおぼえず」だからなぁ‥‥。

昭和62年3月29日
着順馬名馬齢斤量タイム(着差)騎手
マティリアル牡3561分49秒3岡部幸雄
バナレット牡356アタマ増沢末夫
ウインストーン牡3563/4大塚栄三郎