2月24日(日)「フェブラリーS(東京)、地方勢は10着が最高」他 [全国競馬情報]
2008/02/25(月) 19:49


★フェブラリーS、地方勢はアンパサンドの10着が最高

JRA東京競馬場(晴 良)で行われた第25回フェブラリーステークス(GI・ダート1600m)は1番人気ヴァーミリアン(武豊騎手)が人気に応えて優勝、GI・4連勝を飾った。勝ちタイムは1分35秒3。2着に7番人気ブルーコンコルド、3着に3番人気ワイルドワンダーが入った。

このフェブラリーSに、地方競馬から3頭が参戦した。去年の東京ダービー馬アンパサンド(川崎・池田孝厩舎)は13番人気。中団追走から直線はジリジリ、勝ち馬から2秒差の10着だった。

大井・高橋三郎厩舎は2頭出し。去年のJBCスプリント勝ち馬フジノウェーブは4コーナーでほぼ最後方の位置取りになり盛り返すも12着。中央所属時、去年のフェブラリーSで3着だったビッググラスは先行グループにいたが失速し13着だった。


★飛燕賞(佐賀)、パラダイスセントが重賞連覇 地方では未だ負けなし

佐賀競馬場(小雪 良)で行われた3歳馬の重賞競走、第4回飛燕賞(ダート1800m)は、圧倒的1番人気に支持されたパラダイスセントが4コーナーで先頭に並びかけ、ゴール前迫るザドリームパワフルを振り切り優勝した。勝ちタイム2分0秒4、勝利騎手は山口勲。3番人気ザドリームパワフルが2着、3着はキングサンディ。

パラダイスセントは父ティンバーカントリー、母プリンセスアムール(母の父ニホンピロウイナー)の牝3歳鹿毛馬、東眞市厩舎の管理馬。前走はJRA小倉競馬の3歳500万特別に挑戦し14着に敗れたが、地元では前々走の花吹雪賞に続く重賞連覇。地元では負け無しの5戦5勝とした。通算成績は6戦5勝。

(佐賀競馬公式ホームページなどによる)


★福山競馬所属の競走馬がJRAに初参戦

JRA京都競馬の7レース・3歳500万下に、福山競馬のウルトラエナジー(徳本慶一厩舎)が参戦。サラブレッドを導入して以来始めて、福山競馬所属の競走馬がJRAに参戦した。

ウルトラエナジーは11番人気での出走。大外枠からハナを奪うスピードを見せたが直線手前で失速、シンガリ16着に終わった。また、騎乗した岡田祥嗣騎手もJRA初騎乗。この日は他に3クラ騎乗し、メインレースの斑鳩ステークスではグランプリオーロラに騎乗して見せ場タップリの4着と健闘した。


★田中力騎手(船橋)もJRA初騎乗

また同じ日の東京競馬6レースでファニーズ(船橋・岡林光浩厩舎)に騎乗した田中力騎手もJRA初騎乗を果たし、15着だった。


★JRA各場での地方所属馬の成績

・東京6R 3歳500万下(芝1800m 16頭)
 ファニーズ(船橋) 15着

・東京11R 第25回フェブラリーS(GI ダート1600m 16頭)
 アンパサンド(川崎) 10着
 フジノウェーブ(大井) 12着
 ビッググラス(大井) 13着

・京都7R 3歳500万下(ダート1400m 16頭)
 ウルトラエナジー(福山) 16着

・京都9R こぶし賞(3歳500万下 ダート1400m 15頭)
 ロコミラクル(兵庫) 10着
※積雪のため、芝1600mからダート1400mに変更