12月20日(木)「ダービーGP(岩手)、来年からダートグレード格付けを返上」ほか [全国競馬情報]
2007/12/20(木) 12:31


●●ダービーGP、ダートグレード格付けを返上●●

ダート競走格付け委員会は20日、岩手競馬のダービーグランプリ(盛岡2000m 3歳)について2008年以降ダートグレード競走として実施しないことを発表した。

これは、主催者の岩手県競馬組合からダート競走格付け委員会に対し、ダートグレード競走としての格付けを返上したいとの連絡があったもので、その理由は「競走体系上、地方競馬3歳有力馬の確保が厳しく、収益性も見込めないため」としています。

ダービーグランプリの今後の実施方法等については現在のところ未定となっています。なお、岩手競馬のその他のダートグレード競走については、従来通りの実施予定。これにより、2008年に実施されるダートグレード競走は、中央・地方合わせて49レースとなり2007年の当初予定に比べ1レース減となる。

(地方競馬全国協会HPより)


●●ばんえい坂本東一騎手、千葉均騎手引退へ●●

ばんえい競馬の第一人者として長年にわたり活躍を続けてきたベテランジョッキーの坂本東一騎手(54歳 梨本照夫厩舎)と千葉均騎手(52歳 平田義弘厩舎)は、調教師試験に合格し12月末をもって引退することになった。

坂本騎手、千葉騎手ともに2000勝の大記録を打ち立て、数々の重賞競走を制覇。ばんえい競馬を代表する名手が現役生活にピリオドを打ち、トレーナーとして新たな一歩を踏み出すことになった。

◆坂本東一騎手の主な重賞勝鞍
92年 旭王冠賞(旭川) カゲイサム
99年 北見記念(北見) グレイトジャイナー
07年 ばんえい記念(帯広) トモエパワー
など38勝

◆千葉均騎手の主な重賞勝鞍
93年 ばんえいグランプリ(岩見沢) アサギリ
97年 チャンピオンカップ(帯広) ヨウテイクイン
01年 ばんえいダービー(旭川) ヨコハマボーイ
など32勝

(地方競馬全国協会HP)  


●●東京大賞典(大井)、シーキングザダイヤには横山典弘騎手●●

今月29日に大井競馬場で行われる第53回東京大賞典(サラ系3歳以上 JPNI 2000m 1着賞金8000万円)に出走予定の中央所属馬シーキングザダイヤに横山典弘騎手が騎乗することになった。20日現在の出走予定メンバーは以下の通り。

〈出走予定馬〉
●JRA所属馬(5頭)
ヴァーミリアン(牡5歳 石坂) 武豊
シーキングザダイヤ(牡6歳 森) 横山典弘
デルタブルース(牡6歳 角居) 岩田康誠
ブルーコンコルド(牡7歳 服部) 幸英明
メイショウトウコン(牡5歳 安田伊) 武幸四郎
※補欠馬(補欠順位順)にクーリンガー、サンライズバッカス、ボンネビルレコード

●他地区所属馬(3頭)
ケイエスゴーウェイ(牡4歳 高知・雑賀) 騎手未定
スペシャリスト(牡5歳 高知・田中守) 騎手未定
※補欠馬(補欠順位順)にナムラコロンブス(金沢)、コスモインペリアル(高知)、ロケットパンチ(笠松)

●南関東地区所属馬(8頭)
アンパサンド(牡3歳 川崎・池田) 騎手未定
ショーターザトッシ(牡5歳 大井・月岡) 未定
ディープサマー(牡5歳 船橋・川島正) 未定
トップサバトン(牡3歳 大井・堀) 未定
ナイキアディライト(牡7歳 船橋・川島正) 未定
フリオーソ(牡3歳 船橋・川島正) 未定
ベルモントストーム(牡6歳 船橋・出川克) 未定
ルースリンド(牡6歳 船橋・矢野) 未定
シーサーハーン(牡7歳 大井・松浦) 未定
※補欠馬(補欠順位順)にメーンエベンター(船橋)、コアレスタイム(船橋)、ケイアイプラネット(大井)

(地方競馬全国協会HP)


●●兵庫ゴールドトロフィー(園田)、JRA所属出走予定馬決定●●

26日(水)に園田競馬場で行われる第7回兵庫ゴールドトロフィー(3歳以上オープン JPNIII 1400m)に出走予定のJRA所属馬が以下の通り決定した。

●JRA所属馬(4頭)

アグネスジェダイ(牡5歳 森) 小牧太騎手
プリサイスマシーン(牡8歳 萩原) 安藤勝己騎手
メイショウバトラー(牝7歳 高橋成) 武豊騎手
リミットレスビッド(牡8歳 加用正) 岩田康誠騎手

(JRA報道室発表) 


●●大井の川本裕達騎手が所属変更●●

大井競馬所属の川本裕達騎手が、12月21日付けで以下の通り所属厩舎を変更する。

旧:高岩孝敏厩舎
新:森谷良臣厩舎(小林分厩舎)

(TCK特別区競馬組合〔大井競馬場〕発表)


●●2歳戦の結果●●

〈川崎〉
今日20日、川崎競馬場(晴 良)で行われた第1競走、2歳戦(1400m 10頭)は、2番人気のマリエンダンサー(津久井巌厩舎 佐藤博紀騎手)が2着馬に5馬身の差をつけて1分33秒8の時計で勝った。勝ったマリエンダンサーは、父マリエンバード母コンサートチケット(母父ヤマニンスキー)の血統の牝馬。3戦目での初勝利。

川崎競馬場で行われた第2競走、2歳戦(1400m 10頭)は、1番人気のセンショウターフ(安池成美厩舎 今野忠成騎手)が1分33秒6の時計で人気に応えて勝った。センショウターフは、父リンドシェーバー母ターフプロテクター(母父へクタープロテクター)の血統の牡馬。2戦目での初勝利。

川崎競馬場で行われた第4競走、2歳戦(1500m 11頭)は、1番人気のコンフィダント(秋山重美厩舎 町田直希騎手)が1分36秒5の時計で勝った。勝ったコンフィダントは、父アフリート母オールインオール(母父コタシャーン)の血統の牡馬。通算成績は8戦2勝。

川崎競馬場で行われた第6競走、2歳戦(1500m 12頭)は、9番人気のヒカルマドンナ(秋山重美厩舎 町田直希騎手)が1分37秒3の時計で勝った。勝ったヒカルマドンナは、父サウスヴィグラス母ナイトシークレット(母父Nijinsky)の血統の牝馬。通算成績は4戦2勝。


〈名古屋〉
名古屋競馬場(晴 良)で行われた第1競走、2歳戦(800m 10頭)は、4番人気のシンコーセヴン(山内和明厩舎 宇都英樹騎手)が50秒9の時計で勝った。勝ったシンコーセヴンは、父トワイニング母ウェイブウインド(母父Topsider)の血統の牡馬。2戦目での勝利。

名古屋競馬場で行われた第2競走、2歳戦(1400m 10頭)は、2番人気のハンサムケンタ(錦見勇夫厩舎 大畑雅章騎手)が1分35秒1の時計で勝った。勝ったハンサムケンタは、父エアエミネム母モーニングミラー(母父へクタープロテクター)の血統の牡馬。2戦目での勝利。


〈園田〉
園田競馬場で行われた第1競走、2歳戦(1400m 11頭)は、1番人気のベストホープ(齊藤裕厩舎 川原正一騎手)が1分33秒1の時計で勝った。勝ったベストホープは、父アドマイヤボス母エイダイメガミ(母父ホリスキー)の血統の牡馬。通算成績は6戦2勝。

園田競馬場で行われた第2競走、2歳戦(1400m 10頭)は、1番人気のストレートヘア(橋本忠男厩舎 田中学騎手)が1分32秒2の時計で勝った。勝ったストレートヘアは、父マキシムトライ母マキシムパラダイス(母父Conquistador Cielo)の血統の牝馬。通算成績は3戦2勝。

園田競馬場で行われた第7競走、2歳特別戦(1400m 10頭)は、1番人気のパセティックシーン(曾和直榮厩舎 下原理騎手)が1分31秒5の時計で勝った。勝ったパセティックシーンは、父マイネルラヴ母マヤノファンシー(母父ホリスキー)の血統の牡馬。これでデビューから3連勝となった。