7月24日(火)「名古屋競馬が投票設備の故障で開催を中止」ほか [全国競馬情報]
2007/07/24(火) 20:52


●●今日の名古屋競馬は開催を中止、明日も未定●●

 今日24日の名古屋競馬は、投票設備が故障したため、開催を中止した。名古屋競馬場によると、スタンド内の売店で水漏れが起き、真下にある投票装置の電源盤に水がかかってしまったため、起動できなくなったという。 現在、点検作業を行っており、明日の開催が行われるかどうかについては改めて発表される。
 なお、今日の分の代替開催は27日(金)に行われる。



●●スパーキングサマーカップの結果●●

 川崎競馬場(天候:晴 馬場:良)で行われた第4回スパーキングサマーカップ(第10競走・S3・3歳以上オープン・1着賞金1200万円・ダート1600m)は、今年から地方全国交流となって11頭が出走し、1番人気となった船橋のルースリンドが2着馬に3馬身の差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分40秒8。勝利騎手は大井の内田博幸。2着は3番人気の愛知のキングスゾーン、3着は6番人気となった笠松のミツアキタービン。2番人気となった愛知のムーンバレイは9着に敗れた。なお、川崎のベルモントソレイユは競走中止となった。

 単勝は230円。馬連は5−10で730円、馬単は5−10で1210円。3連複は2−5−10で3640円、3連単は5−10−2で1万2200円だった。

 ルースリンドは、父エルコンドルパサー、母ルーズブルーマーズ(母父Deputy Minister)という血統の牡6歳鹿毛馬。船橋の矢野義幸厩舎所属で通算成績は26戦11勝(中央競馬では9戦未勝利)となった。 



●●交流競走の結果●●

<荒尾>

 荒尾競馬場(天候:晴 馬場:良)で行われた地方競馬指定交流競走のえびの特別(第9競走・3歳以上・ダート1400m)は9頭が出走し、1番人気のJRAのテイエムミゴテカが1分28秒9のタイムで2着馬に大差をつけて勝った。勝利騎手はJRAの和田竜二。2着は6番人気の佐賀のカシノワカムシャ、3着は4番人気となった荒尾のクインコンコルド。
 
 テイエムミゴテカは、父スペシャルウィーク、母エスキナッソ(その父Rahy)という血統の牝4歳栗毛馬。JRA・栗東の岩元市三厩舎所属で通算成績は24戦3勝(中央競馬では20戦1勝)となった。


<川崎>

 川崎競馬場(天候:晴 馬場:良)で行われたJRA指定交流競走のマリンフラワー賞(第8競走・3歳・ダート1600m)は14頭が出走し、2番人気のJRAのブラックホールが1分43秒4のタイムで2着馬に1馬身半の差をつけて勝った。勝利騎手は大井の内田博幸。2着は5番人気の川崎のカネショウパパ、3着は1番人気となったJRAのクレイモアシチー。
 
 ブラックホールは、父コマンダーインチーフ、母コンプリカーター(母父Mr.Prospector)という血統の牝3歳鹿毛馬。JRA・栗東の松永幹夫厩舎所属で通算成績は9戦1勝(中央競馬では8戦未勝利)となった。



●●JRA認定競走の結果●●

<園田>

 園田競馬場(天候:晴 馬場:良)で行われたファーストトライ認初 2歳初出走(第3競走・1着賞金200万円・ダート820m)は8頭が出走し、1番人気のタッカールーラーが2着に9馬身の差をつけてデビュー勝ちした。勝ち時計は50秒1。勝利騎手は兵庫の川原正一。2着は5番人気のヴァジュラ、3着は1馬身半差で2番人気となったヴイセヨオレタチ。
 
 タッカールーラーは、父アジュディケーティング、母ユキグロリアス(母父キンググローリアス)という血統の牝2歳鹿毛馬。兵庫の住吉朝男所属。



●●大井競馬が義援金を募集●●

 TCK東京シティ競馬(大井競馬場)は、新潟県中越地震の被災者への義援金を来場ファンから募集する。なお、集まった義援金は、新潟県に寄付される。

・募金箱設置場所
 大井競馬場の各入場門(4カ所)

・受付期間
 7月29日(日)から8月18日(土)の大井本場・場外開催日

(特別区競馬組合発表による)