5月31日(水)「接戦さきたま杯はハナ差でアグネスジェダイ」ほか [全国競馬情報]
2006/05/31(水) 15:25


●●さきたま杯、アグネスジェダイ接戦を制す●●

今日31日、浦和競馬場(晴 良)で指定交流重賞、第10回さきたま杯(4歳以上 1400m 12頭)が行われ、道中は好位の内で脚をためた2番人気のJRAアグネスジェダイが、直線で内から鋭く追い込み、最後はJRAドンクールとの接戦をハナ差制し1分26秒5のタイムで勝った。2着に1番人気JRAドンクール、3着も長期休み明けのJRAストロングブラッドが入り、3着までを中央勢が独占した。また南関東勢は、4着に大井のブルーローレンス、5着に船橋のコアレスタイムが入った。

アグネスジェダイは父アグネスワールド、母ラッキーパイシーズ(母父クラフティプロスペクター)の血統、JRA栗東・森秀行厩舎所属の牡4歳馬。勝利騎手は武豊、通算成績は24戦5勝。サマーチャンピオン(佐賀)、東京盃(大井)に次いで交流重賞3勝目となった。

レース後の関係者のコメントは以下のとおり。

1着 アグネスジェダイ
(武豊騎手)
「初めてこの馬に乗りましたが、過去外枠の時に好走していたので1番枠はあまり良くないなと思っていたんです。返し馬の時に状態の良さはわかりましたね。先行できれば、と考えていたのですが、他が行ったのでその後ろで我慢させました。道中もずっと良い感じでしたよ。最後の直線でよく伸びてくれましたが、ゴールに入った瞬間はドンクールの福永君が勝ったような顔をしたので「負けたのか?」と思いましたよ。(笑い)
 
これからも活躍が期待できる馬ですよ。僕も良い騎乗をしてまた皆さんの期待に応えたいと思います」

(森調教師)
「前走から中一週で体重がマイナス10キロでしたが、これぐらいでも走っている馬なので心配はしていませんでした。スピードがあり、なおかつしぶといところもあって、追うともう一度伸びるのがこの馬の良さですかね。この後は6月15日の北海道スプリントカップを考えています」

2着 ドンクール
(福永騎手)
「勝ったと思ったんですけどね。やはりあの馬も力がありますね。僕の馬はコーナーが急で走りづらそうな感じでしたが、向正面で外に出してから勝ちパターンにもっていけたかなと思ったんですけどね。惜しくも負けましたが、この馬も走りますよ」

3着 ストロングブラッド
(北村宏司騎手)
「早目に動かざるを得ない展開になってしまいました。4コーナーではフワッとしてしまい内から外から来られたのが最後影響したようでした」

5着 コアレスタイム
(内田博幸騎手)
「外枠だったので終始外を回らざるを得なかったですね。だからまくっていくような形になりましたが、やはり力はありますね」



●●ケイアイダンシング、重賞初制覇●●

今日31日、園田競馬場(晴 良)で行われた、東海・北陸・中国・近畿交流の重賞競走、第4回園田フレンドリーカップ(3歳以上 1230m 11頭)は、中団を進んだ1番人気の愛知・ケイアイダンシングが、最後追い込みを決め2番人気の兵庫・オートアルカディアをハナ差捉えて1分18秒0のタイムで勝った。3着には3番人気の金沢・ホワイトサイクロンの順で人気馬が上位を占めた。

勝ったケイアイダンシングは、父デュラブ、母サチジョージ(母父ミルジョージ)の血統、愛知・錦見勇夫厩舎所属の牡4歳馬。勝利騎手は岡部誠。通算成績は中央在籍時の勝利を含め28戦11勝、重賞初制覇となった。


●●ローレル争覇はエンシェント●●

今日、31日笠松競馬場(晴 良)で行われた、第24回ローレル争覇(3歳以上オープン ハンデ1800m 9頭)は3番人気のエンシェントが、1番人気の同厩舎ミツアキタービンとの接戦を半馬身差制し、1分55秒7のタイムで勝った。2着にミツアキタービン、3着にゼンノサンタアニタ。

勝ったエンシェントは、父アルカング、母カネミボンバー(母父マジックマイルズ)の血統、牡6歳馬。笠松・田口輝彦厩舎の管理馬、勝利騎手は丸野勝虎。通算成績は46戦16勝。


●●2歳戦の結果●●

今日31日、札幌競馬場(曇 稍重)で行われた第2競走の2歳未勝利戦(1000m 8頭)は、1番人気のクラファイター(宮崎光行騎手 松本隆宏厩舎)が、1分03秒7のタイムで逃げ切って勝った。クラファイターは父ワレンダー、母クラタイガー(母父ダイコウガルダン)の牡馬。

札幌競馬場で行われた第7競走、JRA認定のフレッシュチャレンジ2歳牝馬(1000m 8頭)は、3番人気のミヤビチェリー(山口竜一騎手 柳澤好美厩舎)が1分02秒6のタイムで、逃げるラードロアームを差しきって勝った。ミヤビチェリーは父ウイングアロー、母ツルオカシャモニー(母父シエイデイハイツ)の牝馬。

札幌競馬場の第8競走、JRA認定のフレッシュチャレンジ2歳(1000m 9頭)は、2番人気のヘルプ(佐々木国明騎手 若松平厩舎)が、2着に6馬身の差をつけ1分02秒8のタイムで勝った。ヘルプは父スターオブコジーン、母ラヴミードゥ(母父シャーディー)の牡馬。


●●的場直之騎手、石田厩舎へ●●

 南関東大井競馬場で活躍中の的場直之騎手は6月1日付けで物井栄厩舎から石田貞雄厩舎へ移ることになった。
 的場直之騎手は昨日までに南関東で13勝を挙げ、リーディング28位に付けている。