小林雅巳アナの「競馬アナ馬券」 [実況アナ!]
2007/07/24(火) 20:10


 またまた遅くなりましたが6月を振り返ります。6月はハッキリ言ってダメな月でした。あの素晴らしい、歴史的な『2007年5月』の反動だったのでしょうか?大きなモノは一つだけでした。6月2日の中京のメイン、関ヶ原ステークスの3連単304万1040円。(実況担当者は私小林でした)これだけが100万超の万馬券でした。

 このため月間MVP選考委員会では、該当者なし、という意見も出されました。しかし、協議の結果6月のMVPは山本アナに決まったのでした。

 山本アナは5月のように記録的な大万馬券レースを実況したわけではありません。しかしながら山本アナは、ホームランではなくヒットを数多く打ったのです。実に6月の開催9日間のうち7日も実況して、通算48のレースを実況しました。うち33ものレースが万馬券だったのです。打率にして6割8分8厘!さらに特筆すべきは3回もパーフェクト(6打数6安打)を達成したことです。この点が選考委員会で高く評価されて5月に続く連続のMVP受賞となったのです。(なお、山本アナに先月と同じようにコメントをお願いしましたが、自分の馬券が最近ヒットしないのでコメントする余裕がなく、差し控えるとのことでした)

 トータルでは私小林がしぶとく首位の座を守っています。打率は6割1分9厘です。2位が6割6厘の佐藤アナ、3位が5割9分1厘の木和田アナと上位の顔ぶれに変化はありません。

 一方、殿を白川アナと競い合っていた小塚アナが、6月は27打数8安打とふるわず、打率が4割を切って3割8分9厘となってしまいました。来月8月にはいよいよ3連単が発売される後半の実況をするそうですが、はたしてどれだけ打率を上げられるか注目です。

 さぁ、小倉競馬場がある九州北部も梅雨明けしました。いよいよこれからが夏本番です。暑い日に激アツな大万馬券で、スカッとしたいですね。