木和田篤アナ「久々に吠えたらしい・・」 [実況アナ!]
2007/10/25(木) 13:33


巷では、ワールドシリーズでの松坂、松井の対決や、日ハムと中日の日本シリーズで盛り上がっているが、巨人の渡辺恒雄会長が久々に吠えたらしい。リーグ優勝を決めながら、クライマックスシリーズに敗退、日本シリーズに出場出来ない事が相当頭にきたのだろう。「クライマックスシリーズはくだらん。リーグ優勝の意味が無い」と。

ごもっともです、ホントに。アンチ巨人派ではありますが、1年間のシーズンを戦い抜いて、せっかく優勝したのに日本シリーズに出場出来ないとは・・・。普通は有り得ないです。クライマックスシリーズ第2ステージの不甲斐無い巨人の戦い振りも拍車を掛けたのだろう。地元東京ドームで一つも勝てずに終了し、5年振りの優勝に沸いた巨人ファンの気持ちも複雑だったはずだ。

ただ、渡辺会長の気持ちも分からないでは無いが、不満の矛先が原監督に向けられたのは、どうかと思う。リーグ優勝時には絶賛していたはずの原監督の采配を、一転して痛烈に批判。海の向こうでは、名門ヤンキースのトーリ監督がオプション付きの1年契約を蹴ってチームと決別したらしいが、名門チームの監督は、と言うよりワンマンオーナーや会長のいるチーム監督は何処も大変だ。

セ・リーグはクライマックスシリーズ1年目。シーズン終盤がことのほか盛り上がっただけに、クライマックスシリーズが余計に思えてしまったのは私だけでしょうか。プロ野球人気回復のためには、もっと他にやることがあるような気もするのだが・・・。