佐藤泉アナ「G、Jpnをどう読むか」 [実況アナ!]
2007/04/19(木) 15:03


 重賞競走の国際格付けの導入に伴って今までのGの表記は国際格付けのあるレースだけになり、従来の重賞のいくつかが新たにJpnという表記に変わる。
 さて、我々放送に携わる人間の問題は、いったいこれをどう読んだらいいかということだ。「じぇーぴーえぬ」はどうも長ったらしく、またこれまでとの継続性がなくなってしまう。

 結局、ローマ数字で「I」「II」「III」の付くレースはGであろがJpnであろうが「じーわん」「じーつー」「じーすりー」と読むことになりそうだ。今後は「G」の付く競走は「グレード」とも読んでJpnの競走は絶対に「グレード」とは読まないことは徹底することになる。もちろん、その説明は折にふれて実況や中継番組の中で行う必要がある。
苦肉の策だが、これまでの国内の格付けに変化のないことをファンの皆さんにわかって頂くにはこれが最良の方法かと思われる。

 今後は国際格付けイコール国内格付けという方向に進んでいけば苦労も減ろうが、その道はかなり険しい。急速な国際化を難しくしている国内の生産者保護の他に、重賞の伝統の維持したいという考えもある。歴史ある競走がレースのレベルによって自動的に格下げされたりあるいは重賞でなくなったり、また逆にトライアル的競走がGIになったりすることに抵抗はあるかもしれない。

 各方面で急速に国際化は進むが、国際標準へ近づく道にはどの分野でも課題は多い。


(佐藤泉)