木和田篤アナ「せっかく的中したのに・・・」 [実況アナ!]
2006/12/12(火) 19:26


毎週馬券はさっぱりだが、先週の競馬で大いに期待していたのが日曜日の阪神メイン、ギャラクシーS。ここはシーキングザベストが圧倒的な人気を集め、単勝オッズも1.7倍と2倍を切っていた。注目していたのは5番人気のツムジカゼ。鞍上の鮫島良太騎手も前日の中京で3勝をマークし、当然のことながら期待も膨らんだ。

馬券の種類は3連単。ただ、ツムジカゼを2着にするか、3着にするかで大いに迷ってしまった。結局ツムジカゼを2着に固定し、1着に5頭をマーク。3着には9頭ほどをマーク。点数は40点。

いざレースが始まると、注目のツムジカゼは序盤から後方の位置取り。徐々に順位を上げていくが、最後の直線でもまだ中団馬群の中。2着マークの馬券を持っているこちらとしては、とにかく熱かった。馬群を捌いてツムジカゼが追い込んでくると、もうハラハラ、ドキドキ。ツムジカゼが最後2着に上がってきた時には、思わず「で、出来たぁ〜!」と叫んでいた。

「やったぁ〜」。
喜び勇んでオッズを確認して目が点になってしまった。3連単のオッズは「68.7倍」。1番人気のシーキングザベストが勝って、3着も3番人気のボードスウィーパーだったことを考えれば納得の数字ではあるが、それにしても・・・・。

払い戻しは6870円。今年ゲットした3連単馬券で、最も低配当の当たり馬券だった。今年の中央競馬もあと2週。オッズを確認した後も「やったぁ〜」と叫べるように、皆さん、頑張りましょう。