【中山牝馬S】美浦レポート〜キストゥヘヴン [News]
2008/03/12(水) 15:47


16日(日)に中山競馬場で行われる中山牝馬ステークス(4歳以上オープン GIII 芝1800m)に出走予定のキストゥへヴンについて、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●キストゥヘヴン(斉藤調教助手)

「前走は道中でも折り合っていたし、馬場の悪い中でも良い脚を使っていました。この馬の力を出し切ってくれた感じですね。以前より折り合いもつくようになり、前で競馬が出来るようになったのが大きいですね。レース後も落ち着いていて、以前は放牧に出したりしていましたが、今は厩舎での調整を続けています。

先週は併せ馬の調教をやっているので、今朝はポリトラックコースで、折り合いに気をつけながら、終い重点に単走で追い切りました。動きは良かったです。前走同様に良い状態でレースに出走出来そうですね。前走を見てもわかるように、レース振りが随分と良くなってきました。好位で折り合ってくれれば、ハンデ(56.5キロ)も気にしなくていいと思っています。中山でも実績はあるし、上手く立ち回ればチャンスはあると思っています」

(取材:木和田篤)