【立春賞】(東京9R)〜キタノリューオーが差し切る [News]
2008/02/11(月) 13:51


東京9Rの立春賞(1000万条件、芝1800m)は、2番人気のキタノリューオー(北村宏司騎手)が差し切り勝ち。勝ちタイムは1分47秒1。連れて追い込んだ3番人気のヒカルベガが2着。1番人気レゴラスは3着。

キタノリューオーは、父タバスコキャット・母スピーディローザ(その父ヘクタープロテクター)という血統。美浦・高橋裕厩舎の4歳牡馬。


<レース後の関係者のコメント>
1着 キタノリューオー (北村宏司騎手)
「今日はスタートもうまく出て、前を見ながら楽に追走しました。追い出した時、外の馬と併せる形で根気よく伸びてくれました。上のクラスでもやれそうですよ」

2着 ヒカルベガ (後藤浩輝騎手)
「競馬も上手くなっているし、状態もよくなっている。前走の経験が生きている。反応も良かったが最後は斤量の差かな?でも、状態がもとのいい感じに戻っているよ」

3着 レゴラス (安藤勝己騎手)
「力は違うんだけどね。いい手応えで前へ行っちゃう。もっといい位置で競馬が出来ればいいんだけど…。どうしてもソラを使ってしまう」