赤間清松調教師(大井)勇退へ [News]
2008/01/02(水) 15:03


 赤間清松(あかま・きよまつ)調教師が後進に道を譲るため、12月31日付で調教師を勇退することになった。なお、これに伴い同厩舎所属の東原悠善騎手は、来年1月1日付で遠藤茂厩舎へ移籍する。

 赤間調教師は1935年3月4日生まれの72歳。騎手時代には通算2832勝、南関東のトップジョッキーとして大活躍した。騎手として東京ダービー6回制覇という記録は、今も破られていない。

 1983年9月に調教師免許を取得、3年後の1986年にはカウンテスアップで重賞初制覇。平成に入ってからもジョージモナーク、ハシルショウグン、オリオンザサンクスなど、TCKの歴史に残る名馬を管理した。調教師としての通算成績は4338戦652勝、重賞は37勝している。

<赤間調教師の主な管理馬>
・カウンテスアップ (1986〜87年川崎記念連覇など)
・タイヨウペガサス (1986年アラブダービー・アラブ王冠賞など)
・ジョージモナーク (1991年オールカマーなど)
・ドラールオウカン (1992年東京記念・東京大賞典など)
・ハシルショウグン (1993年川崎記念・帝王賞など。ジャパンカップ2度出走)
・オリオンザサンクス(1999年羽田盃・東京ダービー・ジャパンダートダービーなど)


(TCK特別区競馬組合発表による)