【有馬記念】美浦レポート〜レゴラス [News]
2007/12/20(木) 18:09


 23日(日)に中山競馬場で行われる有馬記念に出走するレゴラスについて加藤征調教師のコメントは以下の通り。

「この馬は能力が高く、自己条件のレースではどうしても位置取りが前になって早目に先頭に立ってしまうんです。そこで気の悪さを出してしまうのですが、前走はそのあたりが出てしまいましたね。屈腱炎で2年近く休んだ馬で、脚元がしっかりと固まるまでダートを使っていました。ここ2戦は芝のレースを使いましたが、やはり芝のほうがいいようです。

 まだ1000万条件の身で、有馬記念に出ることにお叱りを受けるかもしれませんが、気の悪さをなんとか走る方向へ持っていきたいので強い相手とレースをしてきっかけを掴みたいんです。今回のレースが起爆剤になればと思っています。

 中3週ですが調整は予定通り狂いなく、順調にきました。水曜の坂路での追い切りでは脚元も固まりレースが有馬記念だけにキチッとやりました。動きは申し分ありませんよ。能力は決して今回のメンバーの中に入っても劣っていないと思っています。ただ精神的な面だけです。初めての2500メートルも問題ありません。厩舎期待の良血馬で来年に向けて良いきっかけ、ステップになって欲しいと思っています。」

(取材:小林雅巳)