【トパーズS】(京都)〜ロングプライドが快勝 [News]
2007/11/17(土) 14:29


京都11Rのトパーズステークス(3歳以上オープン・ダート1800m)は、1番人気ロングプライド(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒3。1馬身3/4差の2着に4番人気メイショウシャフトが、クビ差の3着に9番人気サヨウナラがそれぞれ入線。

ロングプライドは栗東・小野幸治厩舎の3歳牡馬で、父サクラローレル、母ムゲン(母の父アジュディケーティング)。通算成績は9戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 ロングプライド 武豊騎手
「久しぶりにこの馬らしいレースになりました。今日はレースの前からいい感じでした。レースはあまりごちゃつくよりも外をまわりました。改めて強さを実感しました。これからの活躍が楽しみです」

2着 メイショウシャフト 石橋守騎手
「勝ち馬は重賞を勝つような馬ですからね。それにしても、もう少し流れて欲しかったですね。でもオープンのメドが立ってよかったです」

3着 サヨウナラ 中村将之騎手
「オープンでもダートの適距離ならやれるというメドが立ちました」

4着 ウインカーディナル ルメール騎手
「聞いていたほどズブくはありませんでした。もう少し直線の長い東京の方がこの馬のよさが出るのでは…?」

7着 ドンクール 岩田康誠騎手
「以前乗った時とは感じが違いました。スムースさを欠いていたということがあるかも知れませんが、もう少し時計がかかる馬場の方が向いているのかもしれないです」

8着 ホワイトメロディー 藤岡康太騎手
「ゲートのタイミングがよくありませんでした。道中は馬の後ろで我慢したのですが、ゲートを出た後に行き脚をつけた分、最後は脚をなくしてしまいました」