【精進湖特別】(東京)〜マイネルアナハイム逃げ切って3勝目 [News]
2007/10/28(日) 13:15


東京9Rの精進湖特別(3歳上1000万下・芝2000m)は、終始先頭でレースを進めた1番人気マイネルアナハイム(柴田善臣騎手)がそのまま逃げ切り優勝した。勝ちタイム2分0秒1。2着には9番人気エーシンピーシー、3着には4番人気レゴラスが入線している。

マイネルアナハイムは美浦・高橋裕厩舎の3歳牡馬で、父メジロライアン、母エンジェルライト(母の父スキャン)。通算成績は12戦3勝となった。


【レース後のコメント】

1着 5番マイネルアナハイム(柴田善臣騎手)
「決め手がない馬なので、思い切ってハナに行きました。それが良かったのだと思います。マイペースで行くことができました」

2着 2番エーシンピーシー(蛯名正義騎手)
「馬場が乾いていればもっと際どかったけど……。パンパンの良馬場が合っている馬だと思う」

3着 13番レゴラス(安藤勝己騎手)
「とにかく気が悪いね。いい手応えで上がっていくのだが、追うと騎手に逆らってしまうんだ。ダートよりは芝の方が良さそうだけどね」

7着 10番サンワードブル(後藤浩輝騎手)
「位置取りも良く、4コーナーまでいい感じでしたが、追ってからいまひとつでした。前が止まってくれる展開の方がいいような気がします」

13着 8番シグナリオ(藤田伸二騎手)
「馬場に脚を取られて、ハミを取ってくれなかった」