【新馬】(京都4R)〜ダンツヘイロー 5馬身差でV [News]
2007/10/21(日) 14:23


京都4Rの2歳新馬戦(ダート1400m)は2番人気ダンツヘイロー(池添謙一騎手)が後続に5馬身差をつけて逃げ切り勝ち。勝ちタイムは1分27秒1(稍重)。2着に5番人気ドモナラズが入り、1番人気ケントゥリオはさらにクビ差の3着に敗れた。

ダンツヘイローは栗東・橋本寿正厩舎の2歳牡馬で、父ジョリーズヘイロー、母ピサノマイセン(母の父マイニング)。

〜レース後のコメント〜
1着 ダンツヘイロー(池添騎手)
「ゲートはちゃんと出ましたよ。ハナに行くつもりはなかったけど、スピードが違うのでハナを切って行くことになりました。最後追い込んでくる馬がいれば負けずに伸びるだけの手応えだったんです。でも何にも来ないのでそのままゴールに入ったという感じでしたね。次は先々のために行くだけのレースではなく、違うレースをすることになるでしょう。楽しみな馬ですよ」

2着 ドモナラズ(岩田騎手)
「最後目一杯追いましたけどね。勝った馬が強かったですね」

3着 ケントゥリオ(小牧騎手)
「勝った馬は楽をしていたからね。僕の馬は二の脚がつかなくて。最後は勝ちに出た分、差されて3着になったけど、まだこれからの馬ですよ」