【新馬】(札幌4R)〜ヤマニンキングリー 間を割って抜ける [News]
2007/09/02(日) 15:11


札幌4Rの2歳新馬戦(芝1800m)は5番人気ヤマニンキングリー(藤田伸二騎手)が好位追走から直線抜け出し、3番人気ウインギガシャトルに1馬身1/4差をつけて優勝。勝ちタイムは1分55秒8(良)。3着に6番人気スペルバインドが入り、1番人気レインボーペガサスは4着に敗れた。

ヤマニンキングリーは栗東・河内洋厩舎の2歳牡馬で、父アグネスデジタル、母ヤマニンアリーナ(母の父サンデーサイレンス)。

〜レース後のコメント〜
1着 ヤマニンキングリー(藤田騎手)
「すごく乗り味がいいし、バランスもいい。追ってからの反応もいいし、怯まない馬。とてもセンスがあります」

2着 ウインギガシャトル(川島騎手)
「体も太いし、初戦としてはこんなもの。流れは向いたんだけど…」

4着 レインボーペガサス(安藤勝騎手)
「調教の時よりも細くなっていて、アレっと思ったよ。仕上がり過ぎてガレていたし、イライラしていたね。ゲートでもモサっとしていたよ」