今年最初の2歳戦の勝ち馬は、バトルライン産駒の鹿毛馬 [News]
2007/04/19(木) 16:30


 門別競馬場(天候:晴 馬場:良)で行われた今年最初の2歳戦(第5競走・JRA認定競走・フレッシュチャレンジ・1着賞金200万円・ダート1000m)は8頭が出走し、4番人気のアイファーダイオーが2着に2馬身の差をつけてデビュー勝ちした。勝ち時計は1分3秒6。勝利騎手は北海道の服部茂史。2着は3番人気のジュエルオーキッド、3着は6馬身差で1番人気となったヤマノシャイニング。
 
アイファーダイオーは、父バトルライン、母オグリパートナー(母父ロイヤルアカデミーII)という血統の牡2歳鹿毛馬で北海道の田中淳司厩舎所属。

(門別競馬場広報発表)