93年牝馬2冠馬ベガが死亡
〜アドマイヤベガ、アドマイヤドン兄弟の母 [News]
2006/08/17(木) 15:42


 北海道のノーザンファーム早来牧場で繋養されていたベガ(牝16歳)が、昨日16日(水)の午後2時、クモ膜下出血のために死亡した。

 ベガは、15日(火)の午後4時から夜間放牧されていたが、16日午前9時の収牧の時に眼球動作および歩行に乱れがあったため獣医の診察を受けた。関係者が様子を見守っていたところ午後になって容態が急変し、午後2時に馬房内で死亡した。状況から夜間放牧中に何らかのアクシデントで転倒し、頭部を強打したのではないかと推測されている。

松田博資調教師(現役時の管理調教師)のコメント
「本当に残念です。ベガのおかげで今の自分があると言ってもいい程偉大な馬でした。ベガの子供たちも種牡馬になりましたし、いい子を残して欲しいと思います。またキャプテンベガ(現役)には母の分も走って欲しいと思います。今はゆっくりと安らかに眠って欲しいと心より祈るばかりです」

秋田博章氏(ノーザンファーム場町)のコメント
「現役時のみならず、引退して繁殖入りした後も多くのファンの方々よりご声援をいただき見守られてきたことに心から感謝申し上げます」

[ベガ]
1990年3月8日生まれ・鹿毛
父:トニービン
母:アンテイツクヴアリユー(母の父:Northern Dancer)

競走成績 9戦4勝(1993年桜花賞、オークスなど)
表彰記録 1993年度JRA最優秀3歳牝馬

《主な産駒》
1996年度産 アドマイヤベガ(1999年日本ダービー)
1997年度産 アドマイヤボス(2000年セントライト記念)

1999年度産 アドマイヤドン(2001年=朝日杯フューチュリティーS、2002年=JBCクラシック、2003年=南部杯、JBCクラシック、2004年=フェブラリーS、帝王賞、JBCクラシック)など

2003年度産 キャプテンベガ(現役)

(JRA報道室発表)