【小倉記念】〜レース後のコメント [News]
2005/08/14(日) 14:28


1着 メイショウカイドウ(武豊騎手)
「強い競馬でした。今日は折り合いもついたし、すぐに馬場のいい外に出せました。直線でもイメージ通り、一番外から差せました。調子も本当にいいのでしょう。小倉をなぜ得意にしているかわかりませんが、後は小倉以外で走るのがこの馬の課題ですね。秋にはGIにも姿を現してくれるでしょう。小倉の皆さん、応援して下さい」

(坂口大師)
「3/4馬身しか差がつかなかったのはハンデがギリギリだったということでしょう。58・5キロは酷量とまでは思いませんでしたが、軽ハンデの馬に足元をすくわれるのが怖かったんです。よく踏ん張ってくれました。距離が長くてペースが少し遅くなる分、前走より追走は楽でしたね。右後ろ脚を落鉄していてあの内容ですから、強かったですね。少し間隔をあけますが、距離をみながらGIIくらいに挑戦させたいと思っています」


2着 ワンモアチャッター(福永騎手)
「もったいなかったですね。勝てたレースでした。ちょうど馬の後ろにも入れられたし、よく我慢してくれました。直線で狭いところを行かせたら、一瞬躊躇してしまいました。そのあと伸びただけに残念です」