【エプソムC】美浦レポート〜グランリーオ [News]
2005/06/08(水) 16:06


 どうもここのところはっきりしないお天気が続いている。雨が降るんだか降らないんだかハッキリしてくれ!と天に文句を言いたくなっていたら、台風が接近しているようだ。あまりハッキリしてもらっても困ることになる。

 今朝の美浦トレーニングセンターはいいお天気。朝4時半に目が覚めると窓の外には青空が広がっていた。窓を開けると気持ちのいい乾いた外気が入ってきた。こうでなくっちゃ。

 5時20分に南馬場のスタンドに到着すると温度計は16度という数字を見せていた。快適な朝だ。5時半の開門を待ちかねるように朝一番の調教を行う馬たちが馬場に入った。

 おおむね調教が終了した10時過ぎにも気温はさほど上がらず20度前後。さすがに長時間徒歩で移動すると汗が噴き出してくるが、日陰にいれば快適な気候。馬たちにもこの季節としては快適な気候だろう。

 レコード勝ちのあと、安田記念を除外されてエプソムカップに出走することになったグランリーオはいつものように坂路に入りいつものように好タイムを叩き出した。調教は走る馬とはいえ、今絶好調のようだ。


●グランリーオ(笹倉調教師)

 安田記念は賞金が足りなかった訳ですから出走できなかったのはしょうがない話ですが、これはこれで巻き返しを図らなくていけないということでエプソムカップを使うことにしました。安田記念の前の競馬が強かったですからね。GI馬にぶつけてみたいという気はしてましたけどね。それはそれでもう終わったことですから次のレースに向けて調整してきたつもりですけど。

 先週も坂路コースで抜群の動き。今週もまあまあ馬の状態はいい方に維持してますから、ホッとしてるところです。

 前回のレースの内容はね。あの馬のカーッとする気性が消えてますからね。レースがやり易くなってることは確かですよ。精神面が大人になってきてるってことはひとつ言えますよね。全体的にトモの瞬発力が強くなってきたってこともありますよね。レコードで勝ったわけですけど、自分でペースを作ったレコードですからね。それはあの馬の成長分じゃないかなあ。あれはあれですごいなと思ってます。

 エプソムカップの距離は久々の1800メートル。でも久しぶりの1800メートル戦をこなしてくれれば、いろんなレースの選択肢が見えてきますからね。夢はありますね。前回のレースは逃げたと言っても、別に逃げの作戦を指示したわけではないですし、見た目は逃げたようでも単に先行しただけで、スタートしてからのペース配分で先頭に立っただけで、今はどこからでもレースができる自在性が出てきましたから、そのへんが成長分ですね。どうにかいい競馬をさせたいと思ってます。


(取材:佐藤 泉)