【飛梅賞】(京都)〜早め先頭の強い競馬でコパノフウジンが圧勝 [News]
2005/01/08(土) 12:43


京都9Rの飛梅賞(3歳500万下・ダート1400m)は、3番人気コパノフウジン(佐藤哲三騎手)が圧勝。勝ちタイムは1分24秒5。

ダイショウティアラ、パレスワールド、プライムアクトレスらが先行争いを繰り広げていたが、3コーナーから一気にマクッていったコパノフウジンは、4コーナーですでに先頭に立ち、直線ではさらに後続を突き放す圧勝で2勝目をあげた。6馬身差の2着に4番人気ヤマトスプリンター、3馬身差の3着には7番人気オースミヘネシーがそれぞれ入線。

コパノフウジンは栗東・宮徹厩舎所属の3歳牡馬で、父ヘネシー/母ウェディングベリー(母の父スキャン)という血統。通算成績は5戦2勝。