【NHKマイルC(GI)】(東京)〜圧巻の走り! キングカメハメハ戴冠 [News]
2004/05/09(日) 12:03


東京11Rの第9回NHKマイルカップ(GI・芝1600m)は1番人気キングカメハメハ(安藤勝己騎手)が2着コスモサンビームに5馬身差をつけ圧勝した。勝ちタイムは1分32秒5(良)。3着にメイショウボーラー。

スタートしてメイショウボーラーが一旦行く気を見せたが、タイキバカラが抑えきれずハナへ。比較的速いペースで流れる中、キングカメハメハは中団の外めをスムーズに追走。直線に向くと馬場の中央に持ち出されたキングカメハメハが1頭だけ次元の違う脚を繰り出して一気に先頭に躍り出、そのまま後続に決定的な差をつけ悠々とゴールに飛び込んだ。中団からレースを運んだ4番人気コスモサンビームは直線、内から鋭く脚を伸ばして2歳チャンプの意地を見せたが、勝った馬が強すぎた。3番手からのレースとなった3番人気メイショウボーラーは、直線バテずにしぶとく脚を伸ばして3着を確保した。2番人気シーキングザダイヤは末脚不発で7着に敗れた。

キングカメハメハは栗東・松田国英厩舎所属で、父キングマンボ・母マンファス(母の父ラストタイクーン)という血統の牡馬。通算6戦5勝で、重賞は前走毎日杯(GIII)に続き2勝目でGIは初勝利。