【クラスターカップ】(盛岡)JRA所属の出走予定馬および補欠馬について [News] [News]
2022/07/31(日) 19:55

8月16日(火)に盛岡競馬場で行われる第27回クラスターカップ(3歳以上JpnIII・ダート1200m)のJRA所属出走予定馬及び補欠馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
オーロラテソーロ (未定)
ジャスティン (未定)
ダンシングプリンス (C.ルメール)
リメイク (川田将雅)
リュウノユキナ (柴田善臣)

補欠馬(予定騎手名)
デュアリスト (未定)
ヒロシゲゴールド (武豊)
イバル (未定)
ジャスパープリンス (未定)
ピンシャン (未定)

2022年サマーシリーズ ポイントランキング [News] [News]
2022/07/31(日) 19:44

2022年サマースプリントシリーズのポイントランキングは以下の通り。

【第3戦 アイビスサマーダッシュ終了時点】

1位 テイエムスパーダ 10ポイント
1位 ナムラクレア   10ポイント
1位 ビリーバー    10ポイント
4位 ジュビリーヘッド 5ポイント
4位 シンシティ    5ポイント
4位 タイセイビジョン 5ポイント
4位 ロードベイリーフ 5ポイント 

2022年サマージョッキーズシリーズのポイントランキングは以下の通り。

【第7戦 アイビスサマーダッシュ終了時点】

1位 浜中俊   20ポイント 
2位 西村淳也  18ポイント
3位 今村聖奈  12ポイント
3位 M.デムーロ 12ポイント
5位 田中勝春  11ポイント

【エルムS】登録馬~スワーヴアラミスなど15頭 [News] [News]
2022/07/31(日) 19:34

8月7日(日)、札幌競馬場で行われる第27回エルムステークス(GIII、3歳上、ダート1700m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:15頭】(フルゲート14頭)

スワーヴアラミス
ダノンファラオ
アイオライト
ヒストリーメイカー
バティスティーニ

フルデプスリーダー
ロードレガリス
オメガレインボー
ブラッティーキッド
ブラックアーメット

ロードエクレール
ダンツキャッスル
ウェルドーン
アメリカンシード
ロジペルレスト

【レパードS】登録馬~シダーなど21頭 [News] [News]
2022/07/31(日) 19:22

8月7日(日)に新潟競馬場で行われる第14回レパードステークス(3歳限定、ダート1800m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:21頭】(フルゲート15頭)
ハピ
ラブパイロー
カフジオクタゴン
シダー
タイセイドレフォン

ホウオウルーレット

抽選対象馬(9/15)

アーテルアストレア
インディゴブラック
ヴァレーデラルナ
ギャラクシーナイト
グットディール

トウセツ
バレルゾーン
ビヨンドザファザー
プラチナドリーム
ヘラルドバローズ

メイショウユズルハ
メンアットワーク
ライラボンド
レッドラパルマ
ロードジャスティス

キングエルメス及びバスラットレオンのフランス到着 [News] [News]
2022/07/31(日) 19:09

フランスのドーヴィル競馬場で8月7日(日曜)に行われるモーリスドゲスト賞(G1)に出走を予定しているキングエルメス(牡3歳 栗東・矢作 芳人厩舎)および8月14日(日曜)に行われるジャックルマロワ賞(G1)に出走を予定しているバスラットレオン(牡4歳 栗東・矢作 芳人厩舎)は、下記のとおりフランスのドーヴィル競馬場に到着しましたのでお知らせいたします。

【関係者コメント】
キングエルメス・バスラットレオン(荒木裕樹彦調教助手)
「輸送はスムーズで、予定していた時間よりも少し早く到着できました。2頭ともすごく落ち着いていて、途中のフェリー移動も問題ありませんでした。飛行機輸送やニューマーケットでの滞在を経て、精神的にも逞しくなってきていると感じます。輸送をサポートしていただいた関係者の皆様に感謝を申し上げます。」

(JRA発表)

新潟6Rの競走中止について [News] [News]
2022/07/31(日) 18:57

新潟6レースで、3番ホバーコルテ(嶋田純次騎手)は、下記疾病を発症したため、4コーナーで競走を中止した。

馬:右前肢跛行
騎手:異状なし

(JRA発表による)

【アイビスSD】(新潟)7歳馬ビリーバーが激しい真夏の電撃戦を制し重賞初勝利 [News] [News]
2022/07/31(日) 18:10

新潟11Rの第22回アイビスサマーダッシュ(3歳以上GIII・芝1000m)は7番人気ビリーバー(杉原誠人騎手)が勝利した。勝ちタイムは54秒4(良)。1馬身差の2着に2番人気シンシティ、さらに1/2馬身差の3着に14番人気ロードベイリーフが入った。

ビリーバーは美浦・石毛善彦厩舎の7歳牝馬で、父モンテロッソ、母デイドリーマー(母の父ネオユニヴァース)。通算成績は45戦5勝。

レース後のコメント
1着 ビリーバー(杉原誠人騎手)
「枠順が良かったですし、いつも以上にスタートも速くて本当に私の理想通りのポジションが楽に取れました。道中は引っぱりきりというかそんな感じで運べましたし、あとは何とか(前が)あいてくれと思ってうまくあいてくれて良かったです。(重賞初制覇は)時間がかかりましたが藤沢調教師が引退されて、フリーになって一年目で心機一転何とか自分なりにしていこうというところで勝てたのは非常に大きいですし、これから頑張っていきたいです。いつも乗せていただいてる厩舎で調教師もそうですが、オーナーも何とかJRAの重賞を、と思うところなのでこの枠と、まず抽選に入ったことで運を使ってしまったかなと思いましたが、それでも16番を引けましたし、まだまだ何かあるのではないかと期待を込めて乗っていました。7歳で結構数を重ねていますが、いつも一生懸命走ってくれる馬で頭の下がる思いです。残り何戦するか分からないですが全力で重賞勝ち馬として頑張ってもらいたいと思います」

1着 ビリーバー(石毛善彦調教師)
「今日は凄く仕上がりが良かったです。抽選に通り良い枠もあたりジョッキーとも狙っていましたが、上手く行くときはこんな風にうまく行くのですね。この馬は除外も多く前があかないことも多かったのですが7歳まで頑張ってきてくれてタフな馬です。そして関わってくれた皆の努力の結果です。これで今後は好きなレースを使えるのが嬉しいですね。次走はオーナーと相談してからになります」

2着 シンシティ(富田暁騎手)
「前回の競馬である程度目処をつけていました。今回は外枠を引いてチャンスがあると思っていましたし、前半も最高の入り方でこの馬のペースで余力を持ってレースを進められました。最後は相手の決め手が上で悔しい結果でしたがこの馬の力を示すことが出来ました」

4着 レジェーロ(団野大成騎手)
「前回はペースが速すぎて結果が出せませんでしたが、今回は逃げた馬がペースを落としてくれて息が入りました。追っての反応は良く、進境を感じるレースでした」


5着 スティクス(藤田菜七子騎手)
「内枠はきつかったですが惜しい競馬でした。この枠ですから腹を括って最内に進路を取りました。ロスない形で行けたのですが残念です」

6着 オールアットワンス(石川裕紀人騎手)
「何頭か内に行く馬がいるのは想定してました。この馬も外に行くメリットが無いので内へ行きました。よく頑張っています」

9着 ヴェントヴォーチェ(福永祐一騎手)
「スタートが良く、2~3列目を取れたのですが道中ずっと左にもたれていました。外に行こうにも行けず馬群の内に行ったのですが前のスペースへ入って行こうとしませんでした。フリーな形になってから伸びたのですが他馬を気にする面を終始見せていました。力のある馬なのですが今日はその力を発揮させることが出来ませんでした」

【クイーンS】(札幌)テルツェットが内の狭い所を突きクイーンS連覇で重賞3勝目 [News] [News]
2022/07/31(日) 17:37

札幌11Rの第70回クイーンステークス(3歳以上GIII・牝馬・芝1800m)は2番人気テルツェット(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒8(良)。ハナ差の2着に8番人気サトノセシル、さらにクビ差の3着に3番人気ローザノワールが入った。

テルツェットは美浦・和田正一郎厩舎の5歳牝馬で、父ディープインパクト、母ラッドルチェンド(母の父Danehill Dancer)。通算成績は12戦7勝。

レース後のコメント
1着 テルツェット(池添謙一騎手)
「ゴールした瞬間は分からなかったのですが差し届いてくれと願いながら戻ってきたら勝っていたのですごく嬉しいです。初コンビでしたが返し馬で状態が良さそうと感じていました。初めて乗るので過去の映像を見てレースに臨みました。1コーナーで少し狭い所がありましたがそこをクリアしてからは良いリズムで走りました。内枠だったので最後も内に入っていきましたがよく狭い所を抜けて来てくれました。レースはあまり流れていないと思いましたが、末脚の良い馬なのでその点引き出すようにのることを考えていました。(クイーンS4勝目について)いつもいい馬に乗せてもらっているからで、今日もしっかり結果を出せて良かったです」

2着 サトノセシル(古川吉洋騎手)
「1コーナーでゴチャついたのが痛かったです。最後の直線で勝ち馬の前は開いて、向こうに運が向いた感じです」

3着 ローザノワール(田中勝春騎手)
「惜しかったね。ペースを遅くしすぎました。もっとペースを上げていけば良かったです」

5着 ホウオウピースフル(横山武史騎手)
「ローザノワールの近くで完璧に乗りました。追い出してからの反応がもうひとつで上に飛ぶように走っていました」

6着 ラヴユーライヴ(菱田裕二騎手)
「ゲートの出がもうひとつだったので最初のプランと替えて終いの脚を生かしました。最後は良い脚を使ってくれました」

8着 フィオリキアリ(藤岡佑介騎手)
「枠が外過ぎました。直線も進路を探しながらの競馬になりました」

10着 ウォーターナビレラ(武豊騎手)
「馬の感じは良かったですし、レースも思った通りの競馬ができました。ただ直線は意外でした。距離なのか...。思い当たるところがないです」

【ポプラ特別】(札幌)伏兵クインズバジルがゴール前差し切り準オープンへ [News] [News]
2022/07/31(日) 17:21

札幌12Rのポプラ特別(3歳以上2勝クラス・牝馬・ダート1700m)は9番人気クインズバジル(古川吉洋騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒2(良)。クビ差の2着に3番人気フローラルビアンカ、さらに1馬身1/4差の3着に12番人気タガノペカが入った。

クインズバジルは栗東・梅田智之厩舎の4歳牝馬で、父クリエイター2、母ケイアイリブラ(母の父アグネスデジタル)。通算成績は10戦3勝。

レース後のコメント
1着 クインズバジル(古川吉洋騎手)
「ダートに戻って良い走りをしてくれました。一度使ってひと叩きの効果もあったと思います」

2着 フローラルビアンカ(藤岡佑介騎手)
「こっちに来て馬がぐんぐん良くなってきています。スタートで少し立ち遅れて、切り替えて途中から動いていきました。一番強い競馬をしていると思いますし、このクラスでもすぐに勝ち負けできると思います」

3着 タガノペカ(角田大和騎手)
「元々能力のある馬だと思っていました。少し踏み遅れてしまったのが痛かったです。それが無ければもっと際どかったと思います。初の1700mで控えて競馬をしましたが、もっと攻めた競馬もできると思います」

【札幌道新スポーツ賞】(札幌)良血馬ジネストラが惜敗に終止符 [News] [News]
2022/07/31(日) 17:05

札幌10Rの札幌道新スポーツ賞(3歳以上2勝クラス・芝1500m)は2番人気ジネストラ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒8(良)。1馬身1/4差の2着に4番人気アバンチュリエ、さらにクビ差の3着に5番人気ワザモノが入った。

ジネストラは美浦・鹿戸雄一厩舎の4歳牝馬で、父ロードカナロア、母ハッピーパス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は12戦3勝。

レース後のコメント
1着 ジネストラ(池添謙一騎手)
「良い位置を取って競馬ができました。まだトモが緩くてうまくバランスをとることが出来ないところがあります。能力だけで今は走っていると思います」

3着 ワザモノ(黛弘人騎手)
「スタートはもうひとつでした。この馬場とペースを考えて早め、早めの競馬を心掛けていました。今日の馬場と頭を高くして外を回ってきた分、この成績になりました」

4着 シティレインボー(柴山雄一騎手)
「良い形で折り合いもついて4コーナーでもいいなと思っていました。抜けてからは頭を高くして上へ飛ぶような走りになってしまいました」

全268件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の10件 ]