【関東オークス】(川崎)グランブリッジが抜け出してダートグレード制覇 [News] [News]
2022/06/15(水) 21:16

15日(水)、川崎競馬場(曇 稍重)で行われたダートグレード競走、第58回関東オークス(JpnII)は、JRAの4番人気グランブリッジが勝利。2番手を追走し、直線で逃げるラブパイローをとらえて抜け出した。勝ちタイム2分16秒3、勝利騎手は福永祐一。

逃げ粘った5番人気ラブパイロー(JRA)が2着、南関東牝馬三冠を目指した1番人気スピーディキック(浦和)は3番手から前を追ったものの3着だった。

グランブリッジは父シニスターミニスター、母ディレットリーチェ(母の父ダイワメジャー)。JRA栗東・新谷功一調教師の管理馬。通算成績6戦3勝、重賞は初挑戦で初制覇となった。

レース後の関係者のコメント

1着 グランブリッジ(福永祐一騎手)
「初めての騎乗でしたが、非常によくしつけられていて賢い馬でした。今日乗ってのコンディションも良くて、いい勝負が出来ると思っていました。ペースはあまり速くならないだろうと思っていましたが、ラブパイローが途中から来た時に、1番(スピーディキック)が好スタートを切っていましたし、あの馬に2番手を取られないような形で、自分が2番手を取れたのが勝因ではないかなと思います。コーナーがきつくて馬自身は非常に走りづらそうでしたが、それでも頑張って逃げ馬に食らいついてくれて、直線に向けば逃げ馬をかわしてくれるだろうと思いながら3・4コーナーを回っていました。
 まだ調教でも成長しきれていないと感じるところがありながら今日のパフォーマンスを見せてくれましたし、これからの馬だと思います。初のナイターでいつもよりナーバスな面があっても素晴らしい走りをしてくれて、精神力のあるタフな牝馬です。地方のダートをこなしたのも大きな経験になりました。今日は多くのファンの皆様がいる中で大きいタイトルを獲れて、騎手としてのやりがいを感じることができました」

2着 ラブパイロー(山崎誠士騎手)
「あそこまで行ったら勝ちたかったです。4コーナーを回る時には一瞬おっと思ったのですが、並ばれてからの脚が違っていました。ペースは平均くらいで行けて、上手く運べました」

3着 スピーディキック(御神本訓史騎手)
「枠も良かったですし、流れも完璧でした。相手が強かったです。この馬も伸びていましたが、弾け方が違いました。よく走ってくれましたし、悔いはないです」

5着 ドライゼ(ダミアン・レーン騎手)
「まだ2回しか競馬を経験していなかったですし、小回りのコースも初めてでしたからね。これから競馬を覚えてくれば、間違いなく成長してくると思います」

7着 リッキーマジック(クリストフ・ルメール騎手)
「勝った馬の後ろで良いペースで運べましたが、向正面でペースアップした時に忙しくなって、加速することが出来ませんでした。この距離はちょっと長いですね。1600mや1700mならいけると思います」

(取材:大関隼)

【プラチナジュビリーS】(アスコット)日本馬の近況 グレナディアガーズが追い切り [News] [News]
2022/06/15(水) 17:27

18日(土)にイギリスのアスコット競馬場で行われるプラチナジュビリーステークス(G1)に出走予定のグレナディアガーズ(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)の、15日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

・6月15日の調教状況
 中内田充正調教師が騎乗し、ニューマーケット調教場ロングヒル坂路コースで追い切り。ロジャー・ヴェリアン厩舎の馬と併せ馬、4ハロン馬なり

・中内田充正調教師のコメント
「馬の状態、雰囲気共に非常に良いことが既に確認できていたので、本日は調整として調教を行いました。ロジャー・ヴェリアン厩舎のサポートのおかげでここまで順調に来られています」

(JRA発表)

【ユニコーンS】美浦レポート コンバスチョン [News] [News]
2022/06/15(水) 14:56

19日(日)に東京競馬場で行われるユニコーンステークス(GIII)に出走予定のコンバスチョン(牡3、美浦・伊藤圭三厩舎)について、追い切り後の伊藤圭三調教師のコメントは以下の通り。

(前走のドバイ遠征を振り返って)
「輸送や向こうでの環境への順応など凄くうまくいきました。競馬も良い状態で臨んだつもりでしたが、勝った日本の馬に外から被されまして、ずっとアメリカの硬い砂を被され続けて戦意を喪失してしまいました。3コーナーでもずるずると下がってしまって、残念な結果になってしまいました」

(帰国してからここまでの調整は)
「白井の学校で着地検疫と、オーナーの牧場で着地検査を行って、良い状態で1カ月ぐらい前に戻ってきました。順調に調教も進んでいます」

(今朝の追い切りは)
「先週は後ろから行って抜け出して終い11.0の時計を出していますから、今日は11秒後半の時計で少し控えたというか、追走して併入なので十分に負荷も掛かっていると思いますし、良い調教ができたと思っています」

(東京コースは2戦2勝です)
「新馬の時も良い勝ち方をして、東京で2勝目を挙げた時も、インの3、4番手でずっとポケットにいて、直線は空いているスペースから抜け出してきましたが、凄くコース適正は高いのかなと思いました」

(現時点でのこの馬に対する評価は)
「前走は残念な結果に終わりましたが、あとは常に上位にきて頑張っていますので、ダートに関しては能力がかなり高い馬だと思っています」

(この馬のセールスポイントは)
「馬格もあるし、パワーもあって、精神的にもどっしりとした馬で、国内だったらどんな競馬場でも結果を出しているので、タフな馬だなと思います」

(レースへの期待のほどを)
「今回もこのレースを狙って強いメンバーが揃っていると思いますが、この馬も力がありますから、何とか重賞のタイトルを欲しいと思っています」

(取材:木和田篤)

【ユニコーンS】美浦レポート インダストリア [News] [News]
2022/06/15(水) 13:59

19日(日)に東京競馬場で行われるユニコーンステークス(GIII)に出走予定のインダストリア(牡3、美浦・宮田厩舎)について、追い切り後の宮田敬介調教師のコメントは以下の通り。

(前走を改めて振り返って)
「状態としては非常に良かったと思います。レース運びも理想的なポジションだったと思います。ただ、上位にきた馬と比べると瞬発力というか、決め手の差が出た分、足りなかった感じです。内容としては悪くなかったと思います」

(今回ダートの重賞を使うことになった経緯は?)
「前走が春の大目標ではありましたが、幸いレース後、在厩している間も放牧の間も、毛艶も馬体の張りも良くて、そこまでダメージが無いのかなということで、それなら間隔を開けずにレースに使えるのかなということで、いろいろ選択肢がある中で、同じ東京の左周りのマイル戦ということで、しかもレーン騎手も乗れるということで、ユニコーンステークスに出走することになりました」

(今週の追い切りは?)
「先週は併せ馬だったので、今週は単走で追い切りました。前回に比べると、道中の前進気勢が少し強くなっていて、その分4コーナーで、直線に向く前に、右手前に替えてしまうようなところがありましたが、それ以外に関しては、直線もしっかりと真っ直ぐ走れていましたし、残り1ハロンを切ってからの加速も以前に比べるとスムーズに加速できるようになって、良い動きだったかなと感じています」

(この馬のダート適正は?)
「見た目的にも、動き的にも非常にパワフルな馬ですし、リオンディーズの子供でもダートで走っている馬もいますから、良いチャレンジになるのではないかと思っています」

(レースの結果次第で、今後のローテーションも変わるのでしょうか?)
「いろいろと可能性の広がる結果になってくれると嬉しいですね。まだ若い馬で、いろいろと可能性のある中で、いろいろなレースにチャレンジさせてもらっていますが、その中で良い結果を出して、皆さんに応援してもらえるような馬になって欲しいと思っていますので、応援宜しくお願いします」

(取材:木和田篤)


 

【マーメイドS】美浦レポート スルーセブンシーズ [News] [News]
2022/06/15(水) 13:42

19日(日)に阪神競馬場で行われるマーメイドステークスに(GIII)出走予定のスルーセブンシーズ(牝4、美浦・尾関厩舎)について、追い切り後の尾関知人調教師のコメントは以下の通り。

 (前走の内容について)
「初めての古馬との対戦で、厳しいペースなのに前が残るような難しい展開の中で、最後は終い伸びてきて、内容としては良い競馬をしてくれたと思います」

(ここまでの調整は?)
「秋華賞の後疲れを取るため十分に休ませた中で、馬の方もしっかりと成長して数字にも表れて凄く良い身体になってきたと思います」

(先週、今週の追い切りは?)
「併せ馬にすると、この馬自身も凄く動きますし、気持ちが前向きになってしまうので、ほぼ単走でやっていますが、先週はゴールを過ぎてからも、流して向正面まで行くような形でしっかりと負荷をかけて、今週は輸送なども考慮して単走で調整程度の内容、体調面を重視した追い切りになりました」

(この馬の能力は、どう評価されていますか?)
「大きいところへいって、まだ壁に跳ね返されている感じですが、その中で着実に力を付けていると思います。まだまだ伸びしろがありますので、牝馬戦線の中で中心でやっていけるような存在になっていければと思っています」

(今後に向けては)
「順調にいけば秋はエリザベス女王杯とか、大きなレースを見据える馬になって欲しいと思っていますし、理想は賞金加算したいですけれども、良い内容の競馬ができるよう、しっかりとやっていきたいと思います」

(取材:木和田篤)


イギリス遠征予定のバスラットレオン・キングエルメス 23日に出国 [News] [News]
2022/06/15(水) 13:32

イギリスに遠征を予定しているバスラットレオン(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)とキングエルメス(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)の出国日程は以下の通り。

●出国日
6月23日(木)
●出国便
LH8391便 関西国際空港 4:50発予定
●輸出検疫場所
栗東トレーニング・センター
●輸出検疫期間
6月16日(木)から6月22日(水)

なお、予定は変更となる場合がある。

※バスラットレオンは7月27日(水)にグッドウッド競馬場で行われるサセックスステークス(G1)に、キングエルメスは7月9日(土)にニューマーケット競馬場で行われるジュライカップ(G1)に、それぞれ予備登録をしている。

(JRA発表)

【マーメイドS】栗東レポート ソフトフルート [News] [News]
2022/06/15(水) 11:44

6月19日(日)に阪神競馬場で行われるマーメイドS(GIII)に出走予定のソフトフルート(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)について、追い切り後の福田博幸助手のコメントは以下の通り。

「近走は、ゲートを出てからあまりダッシュがつかず、後方からのレースが多かったので、前走の中間にゲート練習をしました。その効果があったのか、(前走は)ゲートを出てスムーズに先行できて、そのまま直線まで競馬が出来たのは収穫があったと思うんですが、直線に入って残り200mで進路が窮屈になって、スピードが乗り切らなかったのがもったいなかったと思います。そこがスムーズなら、もっと際どい競馬ができたと思います。

ちょうど1ヶ月くらいの間隔だったので、厩舎で調整して、立ち上げからここまで順調に来ています。

(1週前追い切りは)時計などは川田さんに任せるということで、馬の感触を確かめてもらう感じで、単走で追い切りました。思ったより時計が速かった感じで、川田騎手も体調の良さを感じてもらえたと思います。前回騎乗時よりは走りが変わったのかなという感じで、年を取ったこともあり、馬が少し落ち着いたことと、以前は溜めて爆発的な感じで伸びていたんですが、完歩を生かせる走りに変わってきたと言っていました。

(今日の追い切りは)馬にメリハリをつけて、最後にしっかり反応させてほしいというオーダーでした。道中は折り合いがついていました。直線で伸ばそうとして、ピュッと反応する馬じゃないんですが、動かしていってからはしっかり動けていたので、力を出せる状態にあると思います。

去年の今頃は先行すると終いは脚が保たなかったりして、体質的にももうちょっとしっかりして欲しい部分がありましたが、去年のマーメイドSが終わった後、夏場を休養にあてて、戻ってきてから馬体が随分良くなっていまして、馬の調子が崩れないというか、どんなコースでも馬場でもこなせるんじゃないか、という走りになりました。去年よりは力を出せると思いますが、どうなるかはわからないですね。

去年の秋から見ていると(阪神コースは)こなせるようになってきたので、今回も問題なくこなせるんじゃないかと思います。

オープンに上がって惜しいレースが続いていますが、重賞を獲れる力はあると信じています。スムーズな競馬をして、結果を出してほしいと思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

【マーメイドS】栗東レポート ルビーカサブランカ [News] [News]
2022/06/15(水) 11:42

6月19日(日)に阪神競馬場で行われるマーメイドS(GIII)に出走予定のルビーカサブランカ(牝5、栗東・須貝尚介厩舎)について、騎乗予定の岩田望来騎手のコメントは以下の通り。

「(初騎乗にあたって、馬のイメージは)後ろから長く良い脚を使ってくれる馬なんじゃないかと思います。

(1週前追い切りで)乗った感触も理想通りで、長く良い脚を使う馬だと感じました。

馬の状態は良いと聞いているので、結果で応えたいと思っています。

阪神コースで勝っている馬なので、コース的には問題ないんじゃないかと思います。

実力馬なので、このくらいのハンデ(55kg)は背負うと覚悟していました。走ってみないとわからないですね。

(自身は重賞制覇を経験して)勝った後と前では余裕が違いますし、何とか馬の力、全能力を発揮させたいと思います。

(重賞でチャンスのある馬の騎乗依頼を受けて)すごくありがたく思っていますし、責任を感じています。

初騎乗ですが、全能力を発揮させられるよう騎乗します。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

【マーメイドS】栗東レポート マリアエレーナ [News] [News]
2022/06/15(水) 11:41

6月19日(日)に阪神競馬場で行われるマーメイドS(GIII)に出走予定のマリアエレーナ(牝4、栗東・吉田直弘厩舎)について、騎乗予定の坂井瑠星騎手のコメントは以下の通り。

「(京都記念は)勝ち馬を見ながら、良い競馬ができたんじゃないかと思います。

走りたい気持ちがすごくある馬なので、そこは長所だと思います。

(1週前追い切りは)追い切りでは初めて乗せていただきましたが、良い動きだったと思います。

(阪神2000メートルは)問題ないと思います。

(斤量55キロは)重いな、と思いますね。

(相手関係は)牝馬同士ならそんなに差はないと思いますが、ハンデが重たいのでそのあたりですね。

(展開・作戦面は)枠順が出てから考えたいと思います。

愛知杯では2着と悔しい思いをしたので、何とかマリアエレーナと重賞を勝てたらと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

【マーメイドS】栗東レポート クラヴェル [News] [News]
2022/06/15(水) 11:39

6月19日(日)に阪神競馬場で行われるマーメイドS(GIII)に出走予定のクラヴェル(牝5、栗東・安田翔伍厩舎)について、騎乗予定の北村友一騎手のコメントは以下の通り。

「(クラヴェルのイメージは)道中は少し力むところがあると思いますが、長く良い脚を使う馬だと思っています。今の段階では、こう乗りたい、こうしなきゃいけないというのはなく、様子を見てだと思います。

(実戦に復帰して)やっぱりレース勘というか、スピード感がまず速いなと思ったのと、レースは、筋力だけでなく、精神力も含めて、大変だなと思いました。まだまだでした。

騎乗依頼をいただいているので、期待に応えたい思いはありますし、勝ちたいという思いは強くあります。クラヴェルの良い走りを見せられるように、一生懸命頑張りたいと思います。応援してください」

(取材:山本直)

全13件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]