【帝王賞】(大井)JRA所属の出走予定馬および補欠馬について [News] [News]
2022/06/12(日) 18:06

6月29日(水)に大井競馬場で行われる第45回帝王賞(4歳以上JpnI・ダート2000m)のJRA所属出走予定馬及び補欠馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
オメガパフューム (M.デムーロ)
オーヴェルニュ  (福永祐一)
クリンチャー   (森泰斗)
スワーヴアラミス (松田大作)
ダノンファラオ  (未定)
チュウワウィザード(川田将雅)
テーオーケインズ (松山弘平)

補欠馬(予定騎手名) ※補欠順位順
メイショウハリオ (浜中俊)
ヒストリーメイカー(未定)
テリオスベル   (未定)
サクラアリュール (未定)
ニューモニュメント(未定)

【宝塚記念】エフフォーリア、タイトルホルダーなど20頭が登録 [News] [News]
2022/06/12(日) 18:02

6月26日(日)、阪神競馬場で行われる第63回宝塚記念(3歳以上GI・芝2200m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:20頭】(フルゲート:18頭)

優先出走馬(ファン投票)

タイトルホルダー
エフフォーリア
ポタジェ
デアリングタクト
ディープボンド

パンサラッサ
メロディーレーン
ヒシイグアス
オーソリティ
アリーヴォ

賞金上位馬

ステイフーリッシュ
ウインマリリン
キングオブコージ
アフリカンゴールド
マイネルファンロン

ギベオン
グロリアムンディ
アイアンバローズ

除外対象馬

ヒートオンビート
サンレイポケット

【マーメイドS】ルビーカサブランカ、クラヴェルなど21頭が登録 [News] [News]
2022/06/12(日) 17:56

6月19日(日)、阪神競馬場で行われる第27回マーメイドステークス(3歳以上GIII・牝馬・芝2000m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:21頭】(フルゲート:16頭)

ルビーカサブランカ
マリアエレーナ
リアアメリア
エイシンチラー
アイコンテーラー

キムケンドリーム
ラヴユーライヴ
ゴルトベルク
ハギノリュクス
ホウオウエミーズ

クラヴェル
ソフトフルート
ウインマイティー
ステイブルアスク
トウシンモンブラン

ヴェルトハイム

除外対象馬

スルーセブンシーズ
リノキアナ
イズジョーノキセキ
ムジカ
ヴァンルーラー

【ユニコーンS】セキフウ、インダストリアなど17頭が登録 [News] [News]
2022/06/12(日) 17:51

6月19日(日)、東京競馬場で行われる第27回ユニコーンステークス(3歳GIII・ダート1600m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:17頭】(フルゲート:16頭)

セキフウ
コンバスチョン
リメイク
タイセイディバイン
ハセドン

インダストリア

抽選対象馬(10/11)

イグザルト
ヴァルツァーシャル
ジュタロウ
スマートラプター
ティーガーデン

テーオーステルス
バトルクライ
ビヨンドザファザー
ペイシャエス
レッドゲイル

ロードジャスティス

2022年サマーシリーズ ポイントランキング [News] [News]
2022/06/12(日) 17:44

2022年サマースプリントシリーズのポイントランキングは以下の通り。

【第1戦 函館スプリントステークス終了時点】

1位 ナムラクレア    10ポイント
2位 ジュビリーヘッド  5ポイント
3位 タイセイアベニール 4ポイント
4位 レイハリア     3ポイント
5位 キャプテンドレイク 2ポイント

2022年サマージョッキーズシリーズのポイントランキングは以下の通り。

【第1戦 函館スプリントステークス終了時点】

1位 浜中俊   10ポイント 
2位 横山和生  5ポイント
3位 鮫島克駿  4ポイント
4位 松岡正海  3ポイント
5位 藤岡康太  2ポイント

2022プリンスオブウェールズステークス 日本馬の近況(6月12日) [News] [News]
2022/06/12(日) 17:40

6月15日(水)にイギリスのアスコット競馬場で行われるプリンスオブウェールズステークスに出走予定のシャフリヤール(牡4歳 栗東・藤原英昭厩舎)の調教状況および関係者コメントは以下の通り。

●シャフリヤール(牡4歳 栗東・藤原英昭厩舎)

【本日(現地時間6月12日)の調教状況】
ニューマーケット調教場 角馬場 曳き運動30分

【関係者コメント】
(藤原英昭調教師)
「レースに向けて良いコンディションをキープできています。応援よろしくお願いします」

(JRA発表による)

【エプソムC】(東京)馬場の真ん中からノースブリッジが抜け出して重賞初制覇 [News] [News]
2022/06/12(日) 17:34

東京11Rの第39回エプソムカップ(3歳以上GIII・芝1800m)は4番人気ノースブリッジ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒7(重)。クビ差の2着に8番人気ガロアクリーク、さらにクビ差の3着に2番人気ダーリントンホールが入った。

ノースブリッジは美浦・奥村武厩舎の4歳牡馬で、父モーリス、母アメージングムーン(母の父アドマイヤムーン)。通算成績は9戦5勝。

レース後のコメント
1着 ノースブリッジ(岩田康誠騎手)
「向正面、3~4コーナーと随所で我慢も利いて、直線半ばまで馬なりで行けました。いつもの癖で遊んでフラフラして、ゴール前で邪魔をしてしまうところもありましたが、奥の深い馬です。一週前の感触では調子がどうかと思いましたが、その後の一週間で厩舎の力を見せてくれました。今日は長い直線も食いしばって頑張ってくれましたし、これから一緒に上を目指せる馬です」

1着 ノースブリッジ(奥村武調教師)
「重賞でどこまでやれるのか、やれなければいけないと思っていましたが、勝てて良かったです。ゲートをクリアしながら順調に来ていますし、掛かるところも我慢できていました。渋太く脚を使うところも生かせたと思います。落ち着いて自在性も出てきましたし、人とのやり取りができるようになってきました。1800m~2000mがベストだと思います。今後どこを目標にするかは、馬に合わせて柔軟に考えたいと思います」

2着 ガロアクリーク(石橋脩騎手)
「あと少しでした。今回はゲート再審査明けでしたが、今週の調教に乗って、走る馬だという感触を得ていました。レースではこの馬のリズムと馬場(走らせるコース)を間違わないよう心掛けて乗りました。最後の直線で一旦前に出たのですが、相手が粘り強かったです。この馬も力をつけています」

3着 ダーリントンホール(C.ルメール騎手)
「道中は一生懸命走りました。直線の反応は速くなく、同じスピードでジリジリと伸びました。良い競馬はしていると思います」

5着 タイムトゥヘヴン(戸崎圭太騎手)
「この馬のリズムでレースができました。ラストもよく伸びていますが、もう少し綺麗な馬場でレースがしたかったです」

6着 ザダル(D.レーン騎手)
「道中のポジションは悪くなく、リズム良く走りました。ただ雨は上がりましたが、濡れていた分、力を出し切れませんでした。パンパンの馬場の方が力を出せる馬です」

8着 シャドウディーヴァ(坂井瑠星騎手)
「この馬のリズムで、イメージ通りにレースを進められたのですが、4コーナーで馬場に脚を取られてから、それまでの手応えがなくなりました」

中京11Rの競走除外について [News] [News]
2022/06/12(日) 17:18

中京11レースで、7番ハギノアトラス(松若風馬騎手)は、発馬機内で立ち上がり転倒した際に、外傷性鼻出血並びに両後肢挫創を発症したため、競走除外となった。

(JRA発表による)

【函館SS】(函館)3歳牝馬のナムラクレアが堂々抜け出してスプリント戦線に名乗り [News] [News]
2022/06/12(日) 17:08

函館11Rの第29回函館スプリントステークス(3歳以上GIII・芝1200m)は1番人気ナムラクレア(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒2(良)。2馬身半差の2着に7番人気ジュビリーヘッド、さらに3/4馬身差の3着に13番人気タイセイアベニールが入った。

ナムラクレアは栗東・長谷川浩大厩舎の3歳牝馬で、父ミッキーアイル、母サンクイーン2(母の父Storm Cat)。通算成績は8戦3勝。

レース後のコメント
1着 ナムラクレア(浜中俊騎手)
「強かったですね。嬉しいです。レースは最初のポジションを取ることだけに集中していて、良いポジションが取れましたし、斤量も軽かったですからね。力であとは押し切ってくれるだろうと思って乗っていました。道中すごく手応えも良かったですし、ゴーサインを出してからの反応もしっかりしていました。ラストもしっかり反応して抜け出して、交わされることはないだろうというくらいの伸びでした。手応え通りしっかり伸びてくれました。お父さんのミッキーアイルに似て、すごくスピードと瞬発力に秀でた馬だと思うので、そういうところが武器でもありますし、可能性が大きく広がったと思います。短距離に今回シフトして、強い競馬をしてくれたので、この距離でさらに強い相手と戦っていくことになると思いますが、ナムラクレアなら十分戦ってくれると期待しています」

2着 ジュビリーヘッド(横山和生騎手)
「狙った形に持ち込めました。今日はこのクラスでも、思ったイメージで運べたことが好走の要因です。時計も速く、滞在で涼しく、状態が良かったことも良かったです。まずは好走したことを褒めたいと思います」

3着 タイセイアベニール(鮫島克駿騎手)
「後ろから行くタイプですし、外を回しては届かないと思ったので、最内を狙っていき、徐々に前が開きました。勝った馬は強かったですけど、3着も、内容は悪くなかったと思います」

4着 レイハリア(松岡正海騎手)
「きっかけが欲しいと思っていましたから、ペースが速いのは分かっていましたけど、早めの競馬をしました。この先に繋がってくれたらと思います」

5着 キャプテンドレイク(藤岡康太騎手)
「流れが速いのもありますが、このクラスだとどうしても初速がつきません。開幕週でしたが、よく差を詰めていますし、力をつけています」

7着 ヴェントヴォーチェ(西村淳也騎手)
「ゲートもいつも通り出てくれました。ペースが速く、ついていくのに精一杯でした。その分、余力がなかったです」

9着 ローレルアイリス(川又賢治騎手)
「悲観する内容ではありませんし、外枠でなければもっとやれたと思います。このクラスでも全然やれる馬です」

13着 ライトオンキュー(古川吉洋騎手)
「良馬場で58kg、この時計はさすがにきつかったです」

14着 ペプチドバンブー(松田大作騎手)
「久しぶりの芝、久しぶりの1200mでしたが、思ったより最後は頑張ってきていました。目先を変えて、この条件でしばらく行くのも良いかもしれません」

15着 プルパレイ(M.デムーロ騎手)
「詰まってしまいました。スムーズなら1200mでもやれる感じがします。良い馬ですが、今日は残念でした」

16着 ビアンフェ(藤岡佑介騎手)
「いつも通り、注文をつけていきました。馬は落ち着いていて良い雰囲気でしたが、今日は終い粘り切れませんでした」

【夏至S】(東京)残り1ハロンから抜け出したダノングリスターがオープン入り [News] [News]
2022/06/12(日) 16:47

東京10Rの夏至ステークス(3歳以上3勝クラス・ダート1600m)は9番人気ダノングリスター(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒9(重)。2馬身半差の2着に3番人気ドゥラモンド、さらに3/4馬身差の3着に11番人気ホウオウライジンが入った。

ダノングリスターは栗東・寺島良厩舎の6歳セン馬で、父ロードカナロア、母ファイブスター(母の父クロフネ)。通算成績は24戦4勝。

レース後のコメント
1着 ダノングリスター(岩田康誠騎手)
「あの枠であの位置が取れて、自分としてはしてやったりのレースでした。ベストのレースができたと思います」

2着 ドゥラモンド(C.ルメール騎手)
「いつも通りエンジンがかかるのに時間がかかりましたが、ゴールまでよく伸びています。ダートも合っています。良い競馬だったと思います」

3着 ホウオウライジン(坂井瑠星騎手)
「良い位置につけて、ラストに脚を使いました。久々に良い内容でしたし、これがきっかけになればと思います」

4着 アベックフォルス(戸崎圭太騎手)
「1600mがどうかと思っていましたが、最近の調子の良さでカバーしてくれました。チャンスはあります」

5着 メイショウヨカゼ(石川裕紀人騎手)
「終いに賭ける、決め打ちをした競馬をしました。ラストにすごい脚を使ってくれました」

全20件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]