2021年度JRA賞馬事文化賞は「馬のこころ 脳科学者が解説するコミュニケーションガイド」 [News] [News]
2022/01/11(火) 21:43

JRAは11日、「2021年度JRA賞馬事文化賞選考委員会」を開き、受賞作、受賞者を以下のように決定した。

受賞作:馬のこころ 脳科学者が解説するコミュニケーションガイド
受賞者:(著者)ジャネット・L・ジョーンズ氏
    (訳者)尼丁千津子氏 
    (編集協力)持田裕之氏
    (出版)パンローリング株式会社

・受賞作の概要
 著者が馬の調教や騎乗などで体験したことをもとに、馬と関わりをもつ人がどのようにしたら信頼と絆を築くためにコミュニケーションをとり、真のホースマンシップを身につけることができるかを脳科学の観点から解説した作品。

・受賞理由
 脳科学という新しい視点を用いて馬の行動を分析し、馬を最優先に考えた真のホースマンになるための方法を、自身の体験をもとにした説得力がある内容で、わかりやすく伝えているところが評価された。


また、2021年度JRA賞馬事文化賞特別賞として、以下のように受賞作、受賞者を決定した。

受賞作:馬と古代社会
受賞者:佐々木虔一氏
    川尻秋生氏
    黒済和彦氏

・受賞作の概要
 最新の学術研究と調査報告をもとに、広い分野にわたって考古学や文献史学などの多角的な視点から馬が古代社会の中で果たした役割を明らかにし、古代馬文化の解明の進展に寄与するために研究者の力を結集した作品。

・受賞理由
 古代の馬文化について、幅広い分野の多岐にわたる内容で充実した構成になっており、馬文化の多彩性と奥深さをじっくり認識させてくれる研究の成果が集約された作品になっていることが馬事文化賞に準じる評価を受けた。

(JRA発表)

2021年度JRA賞年度代表馬エフフォーリアの関係者コメント [News] [News]
2022/01/11(火) 15:41

2021年度JRA賞年度代表馬エフフォーリアの関係者のコメントは以下の通り。

馬主:(有)キャロットファーム 秋田博章代表取締役
「このたびは大変名誉な賞をいただき、ありがとうございます。エフフォーリアはもちろん、エフフォーリアにかかわり、支えてくださったすべての方に御礼申し上げます。2021年は5戦4勝、敗れた日本ダービーも僅差であったように常に全力で走る馬であるが故、馬体にかかる負担も相当であったことが容易に推察できます。それだけに大きな怪我をすることなく、一年を通して無事に走り抜けることができたことは何より嬉しく、素直に褒めてあげたいと思います。今年も全力で無事に走ってほしいと切に願っております」

鹿戸雄一調教師
「このような素晴らしい栄誉ある賞に選出いただき、とても光栄に思います。オーナーはじめ、牧場関係者、騎手、厩舎スタッフ、またファンの皆様のおかげだと思っております。また、エフフォーリアには感謝の気持ちしかありません。なお一層気を引き締めて今年も頑張ります。よろしくお願いします」

横山武史騎手
「エフフォーリアが年度代表馬に選出されたことを嬉しく思いますし、身が引き締まる思いです。この馬とは、様々な経験をさせていただいており、エフフォーリアはもちろん、関係者の方々にも感謝の気持ちでいっぱいです。今後も、年度代表馬に恥じないようなレースを共にできればと思います」

(JRA発表)

2021年度JRA賞 年度代表馬にエフフォーリア [News] [News]
2022/01/11(火) 15:31

「2021年度JRA賞」受賞馬選考委員会が行われ、記者投票の結果に基づき年度代表馬と競走馬各部門の受賞馬を以下のとおり決定した。

○競走馬部門
年度代表馬     エフフォーリア   (美浦・鹿戸雄一厩舎)
最優秀2歳牡馬   ドウデュース    (栗東・友道康夫厩舎)
最優秀2歳牝馬   サークルオブライフ (美浦・国枝栄厩舎)
最優秀3歳牡馬   エフフォーリア   (美浦・鹿戸雄一厩舎)
最優秀3歳牝馬   ソダシ       (栗東・須貝尚介厩舎)
最優秀4歳以上牡馬 コントレイル    (栗東・矢作芳人厩舎)
最優秀4歳以上牝馬 ラヴズオンリーユー (栗東・矢作芳人厩舎)
最優秀短距離馬   グランアレグリア  (美浦・藤沢和雄厩舎)
最優秀ダートホース テーオーケインズ  (栗東・高柳大輔厩舎)
最優秀障害馬    オジュウチョウサン (美浦・和田正一郎厩舎)

※1月31日(月)に都内のホテルにおいて、「2021年度JRA賞受賞式」を行う予定だが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止となる場合がある。

(JRA発表)

トーセンスーリヤ競走馬登録抹消、大井競馬に移籍へ [News] [News]
2022/01/11(火) 09:24

2021年の函館記念(GIII)などに優勝したトーセンスーリヤ(牡7、美浦・小野次郎厩舎)は、今月12日付で競走馬登録を抹消することになった。今後は大井競馬場に移籍する予定。

通算成績は37戦6勝(うち地方3戦1勝)、重賞は2021年函館記念のほか、2020年の新潟大賞典に優勝した。

(JRA 10日発表)