【菊花賞】栗東レポート ヴェローチェオロ [News] [News]
2021/10/20(水) 15:33

◎24日(日)阪神競馬場で行われる第82回菊花賞(GI)に出走を予定しているヴェローチェオロ(牡3、須貝尚)について、追い切り後の須貝尚介調教師のコメントは以下の通り。

・(前走の三田特別を振り返って)デムーロ騎手もこの馬のレースをよく見ていたということで、この馬の持ち味を生かしたレースをしてくれた感じです。

・(今日の追い切りは)ステラヴェローチェと同じような感じで、時計は気にせず行いました。(中1週で)そんなに攻める必要もありませんからね。(久々を)一度使って馬が良くなっているように感じます。

・(この馬にとって今回の舞台は)おそらく大丈夫だと思います。ただ(直線の)坂を2度走らなければいけません。その点がどう出るかでしょう。

取材:檜川彰人

【菊花賞】栗東レポート ヴィクティファルス(池添謙一騎手) [News] [News]
2021/10/20(水) 15:31

◎24日(日)阪神競馬場で行われる第82回菊花賞(GI)に出走を予定しているヴィクティファルス(牡3、池添学)について、追い切り後の池添謙一騎手のコメントは以下の通り。

・(最終追い切りの感触は)いつものこの馬のパターンである1週前にコースで追い切り、当該週は坂路でという形でした。1週前はしっかり時計も出して、今日水曜は単走で、時計には拘らず自分なりに考えながら行いました。ゆっくりめに入って最後はいい形でフィニッシュできたと思います。クラシック最後(のレース)ですがこれまでの二冠より(状態が)良いのかなと感じました。

・(前走のセントライト記念は)まずは折り合いをしっかりつけて進めました。ただ内枠ということで勝負どころで自分のスパートが出来ず、(この馬本来の脚を出せたのは)最後の1ハロンだけで力を出し切ることができなかった部分があります。ただ使った上積みはあります。

・(夏を越えての成長は)馬体はしっかりしています。

・(距離に関しては)走ったことが無いですし、やってみないとという感じです。そこが一番の鍵です。

・折り合いに関しては心配ありません。ただ今年は阪神競馬場で、よりタフになると思います。この点も鍵ですね。力を出し切るようロスなく進めたいです。

・今年(の菊花賞)は混戦で、距離に関してはヴィクティファルスに頑張ってもらわなくてはいけない部分もあるので、しっかりエスコートして乗りたいと思います。どの馬にも乗り方ひとつでチャンスがあります。弟(池添学調教師)と喜べるよう頑張ります。

取材:檜川彰人

【菊花賞】栗東レポート ヴィクティファルス(池添学調教師) [News] [News]
2021/10/20(水) 15:30

◎24日(日)阪神競馬場で行われる第82回菊花賞(GI)に出走を予定しているヴィクティファルス(牡3、池添学)について、追い切り後の池添学調教師のコメントは以下の通り。

・(今日の最終追い切りは)先週(の1週前追い切り)も(池添)騎手が乗ってくれているので、時計は指示を出さずにリズム重視で、最後の反応を見る程度で疲労を残さないようにという内容でした。いい動きだったと思います。

・(秋初戦のセントライト記念は)夏の休みを終えて厩舎に戻ってきた時の雰囲気というのは、さほど変化がないかなという感じでした。レースは、次のレースを見据えて折り合い重視で、最後は直線ごちゃつく場面もあり捌ききれないところもありました。菊花賞に向かうかどうかの前哨戦としてはいいレースだったと思います。

・レース後は2週間ほどリフレッシュに出しました。その後、栗東トレーニングセンターに帰ってきてからの雰囲気が、夏休みを経ての雰囲気よりすごくいい感じでした。道中の首の使い方だとかハミ受けだとか、背中の雰囲気に成長を感じました。馬の落ち着き、調教に向かう前の常歩の感じはとにかくいいです。

・(今回の阪神芝3000mについては)ダービーの時も距離が長いかなと思いましたし、セントライト記念の時も折り合ってはいましたが最後もう一伸び(が欲しい)というところでした。今回は道中の折り合いが鍵になると思いますが、経験のない3歳馬同士ですし、騎手が上手く乗ってくれると思います。

・春二冠の馬が不在で混戦が予想されます。いいレースができるよう応援して下さい。

取材:檜川彰人

全13件中 11件〜13件目を表示 [ 前の10件 1 2 ]